« 『奪還-引き裂かれた二十四年』 | トップページ | 弱体化 »

大学に通うことの意味

日本の9割の大学生は低俗である。
当たり前のモラルもなく、小学生と変わらぬ姿を公共の面前でさらす。
今が楽しければいいという精神で行っているのかもしれないが、周囲の人々には邪魔なだけだ。
 
その原因は日本の教育制度のあり方にある。
高校までの厳しい規則と社会で働くことの間の「束の間の休息」として大学期間を置いてしまっている点だ。
自分を変えようと努力し、自由に勉学を学ぼうとする人もいる。
それは私の友人にだってたくさんいる。
しかし、それをダメにしようとする環境、足を引っ張る人間は数多くいる。
 
大学に通うことの目的、それは就職先の選択肢を広げる、これが第一だ。
人脈作り、結婚相手探し、社会経験、そんなことは二の次だろう。
社会的地位の獲得こそが、大学に通う意義なのだから。

学生は大学に通わない人間がどれだけ苦労しているか考えたことはあるのだろうか。
また、社会はどうして大学に行かなかった人間にあれほど蔑視を向けるのだろうか。
勉強ができる=モラルが備わっている、この図式は必ず成り立つのか。
東京大学を出た政治家は国民のことを考えて政治を行っているのか。
高卒の魚屋店長は負け組なのか。
 
中国を批判するのも勝手だがまずは自分たちの足元を見るべきだ。
灯台もと暗し
負債を1000兆円以上抱える国は大学を卒業して驕った人間たちの産物なのだ。
 
本当に人のことを思いやれる人格に学歴なんて関係ない。
しかし、学歴が全て、それが現実だ。

« 『奪還-引き裂かれた二十四年』 | トップページ | 弱体化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146810/22862546

この記事へのトラックバック一覧です: 大学に通うことの意味:

» 毎日新聞の「低俗」報道訴訟、9月に神戸地裁で口頭弁論 [ブログ検索ニュースBLOG]
 英文ニュースサイト「Mainichi Daily News」のコラム「WaiWai」で7年以上にわたり不適切な記事を掲載していた毎日新聞社を相手取り、個人が起こしていた訴訟で、神戸地方裁判所において9月10日、第1回口頭弁論が行われる。 WaiWaiでは、週刊誌や夕刊紙などを引用した英文記事を2001年4月から2008年6月までに2561本掲載。その中では、事実の裏付けがないまま、日本人の異常な性的嗜好や未成年者の性の乱れに関する記事を多数紹介...... [続きを読む]

« 『奪還-引き裂かれた二十四年』 | トップページ | 弱体化 »

田舎好きの輩たち

clock

  • clock

広告

無料ブログはココログ