« プライベートと仕事 | トップページ | 痩せたいならキックボクシングしてみよう »

学校という空間

先日、とある講習会に参加して思ったこと、「学校とはかくも特別な空間だったのか

老若男女問わず、数十人が集い、座学と実技を学ぶ場であったのだが、ただの座談会とは一味違う。
少数の教師対多数の生徒という構図ができており、堅苦しくない雰囲気が、昔学校に通っていた時代を思い起こさせた。
それだけなら、気に留めないのだが、三日間に及ぶ講習を通して、皆が非常に仲良くなったことがとても興味深かった。

目立ちたがる人、異性に沢山声をかける人、座学は得意で実技が不得意の人、困った人に時間を割いて付き添う人。
色々な人間がいる中で、皆が一つの目標に向かって集うことで、自然と仲良くなれるものなのかな、と。
また、体を動かし、笑いを交えて同じ場を共有することで、なおのこと親密になりやすいんだな。
 

 
「学校」という空間はこの条件を大いに満たしている気がする。
学業を修めるという共通意識の元、スポーツ、恋愛、友情、など数えきれないことを共に学ぶ中、子供たちは仲良くなっていく。
また、間違ったことを正す教師が存在する。
人を育む上で、学校という機関の重要性を再認識した数日間だった。
また、今後自分が人間関係を構築する上で、非常に参考になる空間だった。

« プライベートと仕事 | トップページ | 痩せたいならキックボクシングしてみよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146810/45313336

この記事へのトラックバック一覧です: 学校という空間:

« プライベートと仕事 | トップページ | 痩せたいならキックボクシングしてみよう »

田舎好きの輩たち

clock

  • clock

広告

無料ブログはココログ