« 朝のチョコパイ | トップページ | 生活は体型に表れる »

マタニティマークへの暴力~少子化の要因~

Br9akylcaaqoz4j

誰もが知っているマタニティマーク、妊婦の方への周囲の気遣いを喚起することを前提に成り立つ"思いやり制度"です。
しかし、近年はこれを身に着けた方への嫌がらせが後を絶ちません。
 
・エスカレーター右側に乗っていたら「邪魔なんだよ」と一言、突き飛ばされた
・電車で普通席前に立っていると、「これ見よがしに出してんな」と言われた
・同じく、普通席前にいると「俺の方が疲れてる、お前は立ってろ」と座っている人間に罵られた
・道端で「デブ」と言われた
・知らない人に後ろから蹴られた
・他に、ネットの書き込みを見ると「妊婦はタクシーに乗れ、タクシーにも乗れなきゃ子供を産むな」「私は妊婦だって主張するところに反感を感じる」
 
など、枚挙に暇がありません。
唖然とする内容ですね。
疲れている座っている時に、目の前にマタニティマークを身に着けた人がいると、席を譲らなねばならないような強迫観念に捉われてしまうらしいです。
これによって、マタニティマークを敢えて身に着けない妊婦が増えているという事実。
本来の目的は、交通機関や医療機関で、妊婦であることを声に出せない方を救済する制度だったのに、本末転倒です。
ここまで、社会の目が冷たいものになってしまったのは嘆かわしいことです。
 
妊婦に優しくない上に、近年は子供を対象とした殺人事件、性犯罪が多く見受けられます。
インターネット、特にここ数年はlineを使って、子供が大人の餌食として誘い出されてしまうようです。
理由もなく、幼児が誘拐、殺害されてしまう世の中。
小学生、中学生になった愛しい子供がいきなり強姦されてしまう世の中。
この様な、ご時勢では子供を安心して育てることができないでしょう。
 
こどもは社会の宝」と呼ばれた時代とはもう異なるのです。
望まれない子供だから中絶する、いらない子供だから児童相談所に置いてくる、子供は邪魔者なのでしょうか。
もちろん、やむを得ない理由があるケースもありますが、不注意レベルのケースも数多く存在します。
高校生が中絶するのは避妊しなかったからに他なりません。
小学生が中絶する理由のほとんどは相手が近親者か、強姦者だったケースです。
 
私見ですが、少子化だからなどを抜きにして、子供が外で自由に遊べない社会には未来がありません。
子供を産もうと、身重の体で生きようとする女性は美しいです。
こういった女性や子供を守れないで、何を守るのでしょうか?
現状、彼らを守っているのは防犯カメラと周囲の目です。
父親不在の中でも、もっと彼らが生きやすい世の中にしたいと、私は考えます。
具体策を書くと脱線してしまうので、今日はここまで。

« 朝のチョコパイ | トップページ | 生活は体型に表れる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146810/57495934

この記事へのトラックバック一覧です: マタニティマークへの暴力~少子化の要因~:

« 朝のチョコパイ | トップページ | 生活は体型に表れる »

田舎好きの輩たち

clock

  • clock

広告

無料ブログはココログ