« いつもフラれる、失恋する理由と浮気、二股される原因 | トップページ | 罪と罰~目には目で歯には歯で~ »

ミニマリストという生き方

偶然ニュースで面白い言葉を見つけました。
それは「ミニマリスト」という、持たない暮らしを実践する方々の紹介でした。
私なりの解釈をしますと、

ミニマリスト
必要最低限のものしか持たない「ミニマム(最小)」の生活を目指す人。
本棚や、飾り棚が無く、衣服も非常に少ない。
PC、机、椅子、布団一式と、毎日使うものしか持たない。
依って、住処もワンルーム程度の広さで事足りる。

 ※暮らしの写真などはこちらをご覧ください。

単純に面白いなって思いました。
物事の取捨選択がとても上手な暮らし方なんでしょう。
私の部屋はよく物が多いと指摘されてしまうので、ただただ感心します。
大量生産・大量消費に抗う、新しいライフスタイルと思います。
  
部屋が小さくて済むっていうのは特にいい!
例えば、自分が住みたい所は家賃が高くて難しい時には、この暮らし方ならスケールダウンして、家賃を調整すれば住めるかもしれないわけです。
段舎利の進化版とでもいうのでしょうか。
 
但し、人を招いたときに、くつろいでもらうことは難しいですね。
部屋に、一人掛けソファだけだったら座りにくいし、テレビとか無いと寂しいかと。
「それが私のライフスタイルだ!」と言われたらそれまでですが。
実践してる皆さんは外で人と会うのかな?
 
良し悪しはまだ分かりませんが、今の物で溢れかえった生活にはちょっとした刺激になるお話でした。
一年以上触らぬ服と本が多すぎて困ってたので。
これをうまく活用したら、オフィスとか居室の整理にとても役立つことでしょうflair

« いつもフラれる、失恋する理由と浮気、二股される原因 | トップページ | 罪と罰~目には目で歯には歯で~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>五島さん

社会人にとって、切っても切れない支出ばかりですね。
私は保険をできる限り低くする様にしていますが、安心という面ではやはり捨て難いものですね。
最近は支出前に「本当に必要か?」と問いかけるようにしています。
テレビは一週間で2時間観ないので、いらないかも。

文章は本で読みたいものですね。
故障や維持費もありますが、しっかり手で本を持ちたいというアナログ派です。
あのハードカバーの思い入れなど、紙ならでは。

五島さん、私よりかなりミニマリストに近い暮らしをされてますね。
まずは私も衣服と、読まない参考書から捨ててみます。

今の自分にとって、税金以外に、思うようには節制できないもの・・・不動産、保険、交通費(車両等)などが悩みの種です。

でも、税金以外は本気になれば生活空間を狭くすることでどうにかなるのかなと、改めて考えたりしました。
例えば、キャンピングカーで生活できれば固定資産はかからないのかなあ、など。

随分前から、テレビがないのですが、ネットがあるため情報収集には何も不自由していません。
一番は、本を電子化すれば場所を広くできますが
目が疲れるのと、無駄に電力を食ってしまうところで辟易してしまいますね・・・

気に入ったものは、データの現物(そのもの)がないと不安になる体質なのが、中途半端なデジタルライフに拍車をかけてしまっています。>苦

物は増える一方なので、もう少し取捨選択力を磨きたいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146810/61778194

この記事へのトラックバック一覧です: ミニマリストという生き方:

« いつもフラれる、失恋する理由と浮気、二股される原因 | トップページ | 罪と罰~目には目で歯には歯で~ »

田舎好きの輩たち

clock

  • clock

広告

無料ブログはココログ