« 灰色のバスがやってきた | トップページ | 稽古稽古、ひたすら稽古 »

教えて頂く姿勢、生徒の心構え

古武道の体術を調べていて、竹内流という岡山県倉敷市を本拠とする流派に行き着きました。
殺さずの心、生け捕りの技術に特化した流派の様で、ホームページがとても充実しているのが珍しく、読むこと数十分。
特に興味をそそられたのが学ぶ者の姿勢についてを述べた部分。
現代のビジネスマナー、新社会人に通ずるものが大いにあるため、後学のためにこちらにリンクを貼らせて頂きます。

竹内流備中伝 習い方の五か条

眼福にあずかる内容もちらほら。
是非ぜひご一読あれ。
特に若年層の方におすすめです。

« 灰色のバスがやってきた | トップページ | 稽古稽古、ひたすら稽古 »

将来のための独り言」カテゴリの記事

コメント

いや、何というか情報の食い摘みというか、雑駁なところが多いのです。
お恥ずかしながら、噛み砕いているつもりなので、興味持ってもらえると幸甚です。

古武道諸流派には武芸十八般を重んじる流派が多いですよね。
槍が切られたら棒で、棒が折れたら腰の太刀で戦えということなのでしょうか。
全てを修めるだけでも十数年、極めるとなるとどれほどなのでしょうね。
そこまでいくと職業:武道家になるのでしょうか。

私も、他流の動きとかを見ると何か参考にできそうでわくわくします。
夢想流の杖術を直接拝見した際には私の杖術も何か光りそうな予感が^^

うちは1割前後と行ったところでしょうか。
行けば0人~3人います。
ほぼ毎回教えてくださる高段者の方も女性です。
仕事場もそうですが、女性や若年層はどの環境でもよい刺激になりますよね。
五島さんは長野の方なんですか??

たびたび情報提供で勉強させていただいてます。

竹内流は初見でしたが、杖や居合、柔術と、香取神道流同様に総合武術的な流派のようで、いろいろ習えるのはうらやましいところです。

とはいえ、神道夢想流にも剣術、鎖鎌や十手、短杖などありますが、習得者も限られ、なかなか稽古する機会も時間もとれないのが現実です。

ただ、これら併伝武術を多少でも経験すると、杖の自分の技が格段に進化した・・・気になれます。>笑

リンク先HPは面白くためになったので、印刷保存しておきました。また多彩な情報期待しております。

余談ですが、かんたろさんの稽古場に女性の方はどの程度の比率でいらっしゃいますか?
こちらは地方なので、支部全体でも年配の方が若干名・・・若い人も2~3名程度です。
若い方や女性がいると道場に活気が出るので、もう少し増えて欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教えて頂く姿勢、生徒の心構え:

« 灰色のバスがやってきた | トップページ | 稽古稽古、ひたすら稽古 »

田舎好きの輩たち

広告

無料ブログはココログ