筆者プロフィール

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

accessory

  • ご挨拶

  • 天気予報

« 外国に食い物にされる日本① ~アプリガチャの闇~ | トップページ | 「確信犯」の本当の意味 »

ブラック企業の見分け方・特徴

昨今、よく言われるブラック企業という恐ろしい会社。私も経験したことがあるので、その恐ろしさは身に染みています。目を輝かせる新社会人、期待に胸膨らむ就活生、もう傷つきたくないブラック企業被害者、その他多くの方の参考にしてもらえればと思いこの文章を記します。

当たり前のことですが、企業側からすれば最大の支出である人件費を如何に減らして、如何に生産性をあげるかという事は念頭にあります。それを、最も短絡的な方法で示してしまうのがブラック企業です。企業の理想を歪んだ方法で表してしまったのが、悪質な経営者ということ胸に留めておいてください。

ここに書いてある手法を使えば、ブラック企業を作ることもできてしまいますが、余りにも多くの若者が被害に遭われている現状を考えて、損する悪徳経営者よりも、救われる新入社員の方が多いことを願います。
但し、メールで退職願を提出して
翌日から会社に来ない、備品を返しに来ないなど、信じられないことをする新入社員が存在することも胸に留め、自分がそうならない様に気を付けてください。
 

 

1.長時間労働・休日返上を讃える空気がある
  残業する=仕事を頑張っている、と捉えるのは多くの日本企業にある風潮です。労働時間をいかに短くして生産性を高め、プライベートを充実させるかというのが海外トップ企業の主流であるのに、まだまだ上意下達組織感がぬぐえないヒエラルキーが存在するのは悲しいかな。また、こうした労働を続けさせることには意味があります。
 
ⅰ)精神的に疲弊して他のことに目が向けられなくなる
社員が他社の良い環境、周囲の心配の声に注意を払うことができなくなります。
 
ⅱ)劣悪な環境を誇りに思う「悲劇のヒロイン効果」が生まれる
こんなに学友達より頑張っているんだ、この会社で頑張る俺たち同期はすごいんだ、という錯覚にとらわれます。
よく、新社会人の男性が苦労自慢をするのを聴いたことがありませんか?
 
ⅲ)自分はまだ未熟なんだと思い込ませることができる
能力が足らないから苦労している、会社が自分に課す仕事が厳しいのは自分が悪いからだと自分の今までの価値観を破壊するよう仕向けられる
 
総じて、マインドコントロールしやすい人間に造り替えられていきます。あくまでも「自発的」に仕事を行う様に仕向けるのが、ブラック企業側の狙いです。
 
 
2.経営者の価値観を強要する、妄信的に会社を信じさせる
 説明会が異常に熱狂的な会社は要注意です。話し手の劇場が盛り上がる様に、会社を信じ込んでいる社員を上手く配置します。説明会は(まだ社会経験がないため素直で)従順な大学生が惹かれるように細工されています。冷静に考えればおかしい、誰かに相談すれば間違っていると分かる事でもその場の雰囲気に流されてしまいます。ネットワークビジネスや宗教勧誘のセミナーに参加すると、驚くほど同じことをしています。
1にも記載しましたが、入社後は社員が「自分はダメなやつ」と思い込ませて、会社が救済者となる構図を作ります。これはカルト教団などにも共通する手法で、自分が救われるにはこの人についていくしかないと思わせることです。
 
 
3.経費を自己負担することを讃える
 これは新興企業には有り得ることなので、誤解を招くこともある内容ですが、騙された方もいるので記載します。会社に負担をかけない姿勢を評価する、それは至極当然のことですが、仕事をする上で同然にかかる経費(交通費、携帯電話代、駐車場代、接待費)を自腹で立て替えさせてから、領収書を認めない企業は存在します。役人の使途不明金ならいざ知らず、明らかに仕事で使っている費用なのに払わないのは悪質です。給与に含めている会社も存在しますが、その場合は残る手取りを相場と比較して考えてみましょう。銀座で4時間駐車して4000円の領収書を持って行ったら、電車代相当額の500円分しか渡されなかった、なんてことがあったら疑いましょう。
但し、会社側としては認められないとんでもない経費を出す社員もかなりいるので、自分がその大馬鹿者になっていないかどうかは、冷静に考えましょう。私の実例は、駐車場代など顧客訪問に使った経費について、新入社員研修中に、経理担当から直接「自己負担してくれると嬉しい」と言われたケースです、しかも数十人の同期と共に。
 
 
4.全体の社員数に対して、新卒採用人数の割合が高い
 これは就活中の方に必ず目を通してほしいところです。例を挙げると、総社員300人の会社が新卒50人採用をしていたらまず疑いましょう。そのペースで採用したら六年で社員が二倍になります。最初から辞めさせる人数を大幅に見込んでいるのが明らかです。
定年中途退職者と新卒ですぐに脱落する人数を考慮して、300人の会社なら5名~10名程度が妥当でしょう。
自分は辞めていく人間とは違う!と意気軒昂になるのも良いですが、現状を冷静に見つめることも大切です。
 
 
5.社員の視野が狭い、他社のことをとにかく批判する
 周りが見えていない社員が多いので、とにかく他社批判が多いです。自分たちはこんなに頑張っているのに、アフター5?プレミアムフライデー?と。努める姿は美しくも、井の中の蛙になるなかれ。

 
<解決策>
ますは複数の人に相談する
親兄弟が第一ですが、あまりに親身になり過ぎて間違った方向にいくこともあります。友人、先輩、先生など色んな人に意見を求めて、自分の立場を理解し、そこから動き出しましょう。

1.弁護士に連絡する
 証拠を集めれば会社から賠償金がもらえることも。
労働基準監督署が動くケースは稀なようです。
 
2.さっさと辞める
 この苦境で3年は頑張る!と意気込むのはとても大切です。ただ、100人が100人おかしいと思う軟禁状態を3年続けても、得るものは忍耐力のみです。
総じて、ブラック企業は歯車とする社員に、転職に有意義な技能を授けないものです。
 

« 外国に食い物にされる日本① ~アプリガチャの闇~ | トップページ | 「確信犯」の本当の意味 »

かんたろ~の知恵袋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146810/70320426

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック企業の見分け方・特徴:

« 外国に食い物にされる日本① ~アプリガチャの闇~ | トップページ | 「確信犯」の本当の意味 »

田舎好きの輩たち

clock

  • clock

広告

無料ブログはココログ