« 2018年5月 | トップページ

2018年10月

イスラエル軍人格闘術クラヴマガ

Boaz先生のImi Krav Maga

クラヴマガ創始者イミ先生の直弟子ボアズさんが開設する教室です

夢を持ち続けること

社会人になって、学友と会うと必ず聞くこと

 
現在、抱いている夢はどんなもの?
 
これに対して即回答が返ってきたことはほとんどありません
 
みんなは何を考えていつも働いているのでしょうか
 
内に秘めた熱いものがあるのならまだしも、過去を振り返るばかり
 
本気で取り組んでいる人と切磋琢磨したいものです

ポグロムと日本の歴史観

ホロコーストと並んでよくきくユダヤ人虐殺のキーワード「ポグロム」
ユダヤ人と話す限り、ヨーロッパではユダヤ人を虐めることが一種の共通認識というか捌け口になっているらしい
確かに、海外報道を見る限りその流れは否めない
現在しか知らない人にとっては、イスラエルがガザ地区になぜ蛮行をやめないのかと思うだろうが、ガザ地区からのミサイル発射は日常茶飯事だし、世界大戦時や中世以前の歴史を学ぶと、イスラエル側にも大義があることがよく分かる
むしろ、キリスト教圏の国々がいかに面の皮が厚く、イギリスが中東に火種を投下したのに手を差し伸べたふりをする偽善者であることに憤りを感じるほどである
日本で教えられる歴史があまりにキリスト教側に影響された内容なことが悲しい
話を戻すと、ヨーロッパにおいて、ユダヤ人は各国の王権や政府による受容と拒絶に翻弄されてきた歴史がある
有名なホロコーストはドイツ•ヒトラーによる蛮行のことだが、ポグロムは何百年にも渡ってユダヤ人に行われた蛮行の総称である
その内容は凄惨で、ユダヤ人の人々が安心して過ごせた時代はなかったのではないだろうか
一生懸命働いて得た土地や貯蓄が、気に入らないという理由で取り上げられ、命や家族まで奪われることを想像出来るだろうか
それが数百年に渡って欧州諸国で繰り返されてきたのだ
日本において、これほど長期で強姦、強奪、殺人を許容した迫害の歴史はない
太平洋戦争時には真偽は分からないが日本•関東軍による蛮行はあったらしい
しかし、根本は教化を旨としており、相手国の人民をゴミのように扱うものではなかった
また、中国がこれからアジアで勢力を伸ばすたろうが、中華思想がどこまで相手国を尊重するかは未知数である
隷属と朝貢を根幹とする中華思想だが、チベット自治区への侵攻と悪虐の行為を見ると日本も対岸の火事ではない
日本の歴史教育は、もっと客観的に、かつ、多角的に物事を見た教育を取り入れるべきだ
詰め込み型受験教育によって、今の若年層が自国の歴史にすら興味を持てず、Instagramやtwitterでその日の暇つぶししか考えられない有様であることに危機感を覚えないのだろうか
敗戦のツケは思った以上に日本を蝕んでおり、日本は知らず知らずのうちに喰い物にされているのだ

ユダヤ教超正統派のセックスブック

備忘録

時代で変わるアニメ作画の色と陰影

4335e69d

日本のアニメの絵柄が時代と共に変遷しているのは、皆さんがお気づきのことかと思いますが、こうして比較してみると興味深いものです。
「同じ制作会社の絵を比較してみると分かりやすい」と文中にあるように、上絵の例も分かりやすいですね。
 
90年代の絵はあかほりさとるシリーズの『スレイヤーズ』『セイバーマリオネット』などが強く思い出に残っています。
80年代の絵は古いロボットマンガでよく使われている絵柄だったような。
 
アニメ好きには面白い内容だったので、是非ご一読あれ↓
 

やりたいことに挑戦する興奮

仕事もプライベートもただいま挑戦の真っ最中
やりたいことを見つけて、課題が見えてきて、それをクリアする
今、とても充実する時である

少年マンガのようなノリで言うならば
ワクワクが止まらない

大学教授になるために

実績を持った人間が、非常勤講師やら客員教授やらで大学で教鞭をふるっていることがある
教育に関わりたい、人材育成に関わりたいという身からして、是非大学で講義をしたいと思う
そこで調べてみたら、新しい記事がでていたのでリンクしてみる↓

大学教授になるために
 
収入とかは気にしないので、これからの学生のためになるこの仕事をしたい
大学生時代の、自分の世界に浸っているつまらない教授達とは違う教育を提供したい

英会話ができないと話にならない

あらゆる場面で英会話の必要性を痛感します
日常会話レベルではなく、ビジネス英語を身に着けていなかった自分を反省
今からでも身に着けるべく、できる限りの努力を実行中

①LINEを英語でうつ
②英語でものを考える

とりあえずこれ
英語日記は続かないし、英語本読書はまだ時間がとれない
今後は英語の対訳本で勉強しようかなと

I will try to study English!

twitterに足を踏み入れて

世間ではどんな考えが発信されているのかなと、twitterに登録したのが一年前
かなり遅いと思いつつ、触ってみること数か月

人の心の闇は深いな

匿名の陰に隠れて、ここまで人が醜く変わるのかと
ボケに徹する人もいるのだけれど、facebookやmixiとは違ったSNSの使い方が現代は求められているということでしょうか
ただ、災害情報や突飛な事件が速報ですぐ入手できることは有意義でした

どう楽しむかは本人次第かなと

久しぶりに更新してみたり

AmebaOwndを使ってみたものの、10年近く使っていたココログの方が何かと使いやすかったな
ココログがもう少しシステムの更新をしてくれたらいいのにな、、、

 
使いづらい最新式owndか、使いやすい旧式ココログか
心は揺れております

« 2018年5月 | トップページ

田舎好きの輩たち

広告

無料ブログはココログ