カテゴリー「詩歌」の3件の記事

「夏の夢」

暁に

華と無垢とが
 
香る野に
 
導かれたるは
 
夢か現か

「願わぬ邂逅」

夢現

消えたる想いに

揺さぶられ

思い出したり

常の夢

別了

もう会わない 繰り返したその言葉 その都度戻った 二人の距離
好きだから 好きになったら困るから その言葉には 抗えず
ごめんなさい ありがとう 後に残るは 泡沫の日々

田舎好きの輩たち

clock

  • clock

広告

無料ブログはココログ