カテゴリー「アニメ・コミック」の22件の記事

『それでも僕は君が好き』 絵は綺麗だったが。。。

Photo

評価:30点
 
あらすじ:

主人公芹沢祐輔が原付バイクの自損事故を起こし、そこで見覚えのある女性が救急車を手配してくれて大事には至らずに済んだ。
助けてくれた女性が誰だか分からぬ芹沢の携帯に、当の女性から着信が入る。
彼女はどうやら芹沢と過去に繋がりが会った女性らしく、そこから彼は過去の恋愛遍歴を遡り始める。

話の導入も、絵本奈央氏の絵もとても好きだったのだが、脚本がダメすぎた。
主役の不甲斐なさと子供っぽさが終始イラっとさせる作品で、それも女性を引き立たせるためだと我慢しながら読み進めていたが、最後まで情けない青年でした。
サムスンという大人の女性との恋愛は実際にあるある、と思えるような終わり方で感情移入できたのですが、それ以外はWHY?というような奇天烈な行動をする主役に呆れます。
極めつけは、話の終着点。
あの締め方はないだろう!というほど、読者の期待を裏切る展開。
電話の女性の存在価値を吹き飛ばす、強制終了に唖然としました。
でも、絵は綺麗でした。

『四月は君の嘘』で楽器弾きたくなった

Shigatsu_wa_kimi_no_uso_80

あらすじ:
ピアノが弾けなくなった天才ピアニスト有馬公生の前に現れた天真爛漫なヴァイオリニスト宮園かをり
2人の出会いはサッカー部部長の渡亮太を好きな宮園を、澤部椿が取り持ち、ついでに連れてこられた有馬という形で始まった。
譜面に忠実であることで数々のコンクールを総なめにした有馬に対して、作者の意図に捉われない自由な演奏をする宮園は「君らしく紳士に弾けばよい」と新たな境地を示していく。
モノトーンだった有馬の生活は、宮園の存在によって次第にカラフルに彩られていく。。。

ヴァイオリンを弾きたいと思っていた私には非常に惹かれる作品でした。
音楽や楽器に触れたことがある方だと、なお理解が深まることと思われます。
14歳の彼らを取り巻く環境の変化・挫折からの精神的成長・恋愛、とありがちなストーリーながらも、非常にテンポが良く、練られた伏線が多いこの作品は観ていて飽きません。
また、アニメーターが演奏シーンに相当力を入れたとの情報があり、奏者の動きは非常にリアルで細やかです。
漫画も良かったけれども、やはり、実際に演奏された曲が流れるアニメをおすすめします。
挑戦と挫折など大人が観ても惹かれる内容です。
陳腐な言い方ですが、感動するアニメをお求めの方、ズバリです。

こういう中高生が主役の面白いアニメは近年多いですが、ターゲットを大人にしているせいか、どうしても深夜アニメになってしまっているのが非常に残念です。
リアルタイムの世代に、鋭敏な感覚を持っている若い世代に、こういった作品を直に観てほしいと思います。 
オープニング曲がとても好きなので、一度お試しください。

「光るなら」MVの一部

【ネタバレ注意!】
goosehouse「光るなら」本編MAD動画


目を奪われた『姫さま狸の恋算用』

近頃気になった漫画のお話book

最近はヴィンランド・サガセスタスシリーズとか武骨な漫画ばかり読んでいたところで、ネットの無料ためし読みサイトから見つけた作品に目を奪われた。
その作品の名は『姫さま狸の恋算用』
おそらく広告で下の絵をご覧になられた方もいるかと。
Photo  

何に目を惹かれたかと言うと、その画力!
作品のストーリーは(既刊5巻中)1巻しか読んでないので、あまり語れませんが余りに絵が綺麗なんでびっくりしました。
最初に挙げた血沸き肉躍るような漢漫画とは一線を画すどころか次元が違うジャンルです。

Photo_2

主役がこんな感じで、青春を謳歌している矢先に、一枚目の画像の狸がドン!
許嫁という強引な設定で、話は進むが、その狸が人間化すると、これまた可愛い。
Photo_3

可愛い幼馴染と、可愛い異界人に揺れるという、典型的な少年漫画の流れですが、この絵の上手さは見て置いて損はないかと。
ちなみに、この作者:水瀬マユ氏のデビュー作『むすんでひらいて 』の方が、ネットの評価は高いです。
機会があったら、みてみたいな。

Z会CM「クロスロード」新海誠監督作品

Ys_zkai01

Z会のCMで、新海誠監督と、「あの花~」のキャラクターデザインをした田中将賀氏が手掛けた作品。
秒速5センチメートルの風景と、メンマみたいなキャラが動く様に心ほっこり。

こんな受験に頑張る日もあったな~japanesetea
資格勉強に励む今、こんな甘酸っぱい場面はありません。

また受験したくなるZ会のCM(120秒full)

『だれかのまなざし』 新海誠 短編ムービー

Original1

何かを思い出す
そんな家族の物語

だれかのまなざし 本編

本当は怖い、となりのトトロ (都市伝説)

となりのトトロの都市伝説、初めて聞いたときはくだらないな、と一蹴したけれど、調べてみるとなかなか面白かった。

どんなお話かというと。。。



○全ては父の幻想だった
さつきとめいが庭に蒔いた種をトトロと一緒に大木にするシーン。
父親が外をみて微笑んでいるけれども、見えてないのは、「娘いたらこうだったのかなぁ」という幻想だったから。
全ては父の書いている小説のお話だった。


これはこれで寂しいお話だけど、下のお話は若干ホラー。


○トトロは死神だった
トトロは冥界への使者であり、死期が近い人にしか会えない。
トトロはさつきがめいに「トロルのこと?」と聞き直した様に、トロルをモデルにしている。
トロルは地方の伝承によって人を幸せにしたり、死の世界に連れて行ったり、またある時は子供をさらうそうな。

そして母親の入院していた七国山病院のモデルとなったのは、八国山緑地に隣接する東京白十字病院と新山手病院がモデルになっている(どちらも元結核療養所)。

wikiによると母親の病気は結核。結核は1950年までは日本人の死亡原因のトップ、あれ?トトロの時代って昭和じゃん。

関係ないけど、所沢がモデルになったのは宮崎駿の姪っこが所沢をトトロザワって発音したからトトロが作られたそうな。


めいが行方不明になって、池でサンダルが見つかるシーンでは、既にめいは池で溺死しており、
「これだよぉ
おばあちゃんが差し出したサンダルを見てさつきはぐっと唾を飲み込み、
(本当はめいのだけど)めいのじゃない・・・」

本当の事を言えば、おばあちゃんを傷つけてしまうので嘘をついた。
妹の死を知って、さつきはへたり込んでしまう。

めいの物ではないと聞き、安堵してしゃがみ込むおばあちゃん。

さつきは思った、「めいは病院へ行こうとしていた。だったらめいの魂は未だ病院を目指して迷子になっているに違いない。このままではメイの魂は永遠に迷子のままになってしまう。。。いや、もしかしたら生きているかも知れない。。。」

そこでさつきはめいがトトロに出会ったという茂みへ駆けていく。

「お願い!トトロに会わせて!!」
木のトンネルを進むと、その先には父と確認したときには無かった道が現れ、さつきを冥界へと誘った。
そしてその道の先には冥界の番人、トトロがいた。

「トトロ、メイが迷子になっちゃったの。探したけど見つからないの。 お願い、メイを探して!今頃、きっとどこかで泣いてるわ。。。どうしたらいいか分からないの!」

「みんなには見えないんだ・・・」

この台詞から分かるのはさつきは自ら冥界への扉を開け、三途の川を渡る乗り物、猫バスに乗ってメイの元へ向かってしまったこと。
ネコバスの行き先表示の札に「墓道」が出てきていたのは前のお客を送ったから。


さらに病院のシーンでは母親が言った台詞、

「今、あの木のところで、さつきとメイが笑ったような気がしたの」

なぜ母親だけに二人の姿が見えた気がしたのか。
それにさつき達は近くまで来たのに、実際には両親に会わずに メッセージ付きのトウモロコシを置いていったのか。
それは二人が既に死んでいるから。

そして、父親は全く気が付かなかったのに対し、母親だけが死んだメイとサツキの気配に気づいたのは、母親にも死期が近づいているから。

母親の発言に対して、父親も「案外そうかもしれないね。」
もし生きているなら「こんなところにいるわけがないだろう。」とか言えばいいのに否定しないのは、父親は二人が死んでいるのを知っているから。


トットロ、トット~ロ♪




以下、諸説や論拠

①めいが行方不明になった後から、さつきとめいの影がなくなっている。

②EDでは生前の昔のシーンをくっつけハッピーエンド風に仕立てただけ。

③所沢市に隣接する狭山市で起きた、女子高生が殺害された狭山事件をモデルにしている
 

Img_136315_895296_01

「君が望む永遠」は地味に泣ける

Top_pic
 
鳴海孝之に想いを伝え彼女になった涼宮遙
二人の間をとりもった孝之の友人、速瀬水月
これからが楽しい付き合いとなる孝之と遙とそれを複雑な心境で見つめる水月という構図で物語は始まる。
休み時間、夏祭りと高校生の楽しい学生生活を過ごす矢先、遙が交通事故に巻き込まれて植物状態になってしまい、状況は一変する。。。
 
これまた人に勧められて観始めたアニメ。
エロゲー原作なだけあって古いラブコメかと思いきや、これがまた面白い。
最後も意外な展開だったのも良かった。
本当におきそうな日常生活が舞台だったので感情移入したかな。
遙が良い子で泣ける。
 
冬のソナタに内容をパクられたとかなんとか。
ストーリー良いからそういうこともあるんかもな。
 
 
 
第一話
第二話
第三話
第四話 
第五話
第六話
第七話
第八話
第九話
第十話
第十一話
第十二話
第十三話
第十四話

「とある科学の超電磁砲」を勧められて

Img_113139_571217_01
 
「とある魔術の禁書目録」の外伝みたいな。
こっちの方がぶっちゃけ面白い。
 
学園都市内で7人しかいないレベル5の第三位、御坂美琴を中心に物語は進んでゆく。
超電磁砲(レールガン)と呼ばれるほど破壊力を持つ発電能力者の御坂美琴、風紀委員(ジャッジメント)かつど変態で瞬間移動能力者の白井黒子、なかなか微妙な能力者の初春飾利、無能力者の佐天涙子、この4人が色々な難事件を解決したり、問題起こしたりと結構痛快。 
前半の幻想御手(レベルアッパー)編と後編の学園都市編で全体が構成されている。
  
前作に比べて、ストーリーが一貫していて面白い!
黒子のキャラがめちゃめちゃおいしい。
24話全部を観終わると清々しい気分になれる。
ここ最近観たアニメでは一番の当たり。
 
 
 
 
第一話 電撃使い(エレクトロマスター)
第二話 炎天下の作業には水分補給が必須ですのよ
第三話 ねらわれた常盤台
第四話 都市伝説
第五話 とある二人の新人研修
第六話 こういうことにはみんな積極的なんですよ
第七話 能力とちから
第八話 幻想御手(レベルアッパー)
第九話 マジョリティ・レポート
第十話 サイレント・マジョリティ
第十一話 木山せんせい
第十二話 AIMバースト
第十三話 ビキニは目線が上下に分かれますけどワンピースは身体のラインが出ますから細い方しか似合わないんですよ
第十四話 特別講習
第十五話 スキルアウト
第十六話 学園都市
第十七話 夏休みのつづり
第十八話 あすなろ園
第十九話 盛夏祭
第二十話 乱雑開放(ポルターガイスト)
第二十一話 声
第二十二話 レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの) 
第二十三話 いま、あなたの目には何が見えてますか?
第二十四話 Dear My Friends

OVA 御坂さんはいま注目の的ですから(前半後半
第十三話’ 炎天下の撮影モデルも楽じゃありませんわね。
MMR~もっとまるっと超電磁砲~
MMRⅡ~もっとまるっと超電磁砲~

「とある魔術の禁書目録」に興味わき

Normal_toarumajutsunomokushiroku029
 
本屋でしょっちゅう見かけたこのタイトル。
電磁砲の方を立ち読みして結構面白かったので、原作を観るに至ったわけで。

過去の記憶を持たないシスター、インデックス(禁書目録)
超能力開発を授業に取り込む学園都市の中でレベル0(無能力者)に位置づけれる上条当麻
インデックスの脳に刻み込まれた10万3000冊の魔導書の存在、レベル0と位置づけらる当麻の右手に宿る、他の能力を打ち消す「幻想殺し」。
そんな普通じゃない2人の邂逅により物語の幕は開かれていく。。。
 

展開の速さと専門用語の多さにたまに??となるけど、面白さと画力に圧倒されてひょいひょいと観れる。
どうしても分からない人はwikiと併用すべし。
終わり方はちょっと微妙だけど、インデックスが可愛いからOK。
18話のレールガンも可愛いからOK。
 
 

 
第一話 学園都市
第二話 魔女狩りの王(イノケンティウス)
第三話 必要悪の教会(ネセサリウス)
第四話 完全記憶能力
第五話 十二時(タイムリミット)
第六話 幻想殺し(イマジンブレイカー)
第七話 三沢塾(かがくすうはい)
第八話 黄金練成(アルス=マグナ)
第九話 吸血殺し(ディープブラッド)
第十話 お姉さま(みさかみこと)
第十一話 妹達(シスターズ)
第十二話 絶対能力(レベル6)
第十三話 一方通行(アクセラレータ)
第十四話 最強VS最弱
第十五話 御使堕し(エンゼルフォール)
第十六話 父親(かみじょうとうや)
第十七話 大天使(かみのちから)
第十八話 偽者(レプリカ)
第十九話 打ち止め(ラストオーダー)
第二十話 最終信号(ウィルス・コード)
第二十一話 正体不明(カウンターストップ)
第二十二話 石像(ゴーレム)
第二十三話 風斬氷華(トモダチ)
第二十四話 虚数学区・五行機関
 
Blue-Ray 特典映像1
Blue-Ray 特典映像2
とある魔術の禁書目録たん1
とある魔術の禁書目録たん2

「恋風」で鬱悪化

D1111437431
 
最初は時間つぶしに古本屋で手に取った本だった。
かるい恋愛漫画と思ってたらかなりの重さで驚いた。
兄妹愛がテーマの話で、あだち充の「みゆき」と違ってこっちは本当に血縁関係。
この話を観て考えたのが、相手が兄弟と知らなければ普通に恋愛に落ちることってありえるということ。
確かイギリスあたりで結婚相手と戸籍の確認をとったら兄妹ということが発覚したという記事が去年載ってた。
何も知らなければ有り得るのか。。。
法律って人間が決めたことだからな。
何はともあれ、兄弟に恋をしてはいけない。
少なくとも日本で暮らすならば!
 
小田切のキャラがとても最高。
主役がシータみたいなので、とても良い子である。
そして曲が良い。
 
 
ストーリー:
彼女と別れたばかりの耕四郎が電車で出会った女子高生。
目があった瞬間に吹く春風が桜を舞わせ、彼らの時は一瞬止まる。
そして、その女の子に彼は強い印象を抱く。
たまたま再会した彼女と2人で遊園地に行き、彼は不覚にも女の子の前で涙する。
頭をなでられる耕四郎は女の子に特別な感情を抱く。
遊園地の外で会った父にその女の子は実の妹七夏だと告げられる。。。
 
 
第一話 初花
第二話 春宵
第三話 薫風
第四話 夕立
第五話 遠雷
第六話 秋思
第七話 初嵐
第八話 露霜
第九話 風花
第十話 寒月
第十一話 余寒
第十二話 春雷
第十三話 陽炎
 
EDテーマの後ろに小話あり

田舎好きの輩たち

clock

  • clock

広告

無料ブログはココログ