カテゴリー「ゲーム」の4件の記事

神鵰侠侶、攻略ルート

Shinchou1
 
買ってから二年以上経ってようやくクリアしたPCゲーム。
あまりの難解さに匙をなげてしまったが、攻略サイトを見つけてから再チャレンジ。
自分一人でやったら100時間かかってもクリアできたか分からないほど、説明不足で道に迷うゲーム
 
キャラのポリゴンは最近のゲームに比べたらしょぼいが、背景のグラフィックがとても綺麗。
音楽もかなり好き。
ストーリーは『神鵰侠侶』に載っていない、楊過が小龍女を待つ空白の16年間を描いたもの。
原作好きにはたまらないもの、原作知らない人にも楽しめるもの、武侠小説に興味ない人がやっても面白くないもの。

青龍を召喚すると、ラスボス以外全て一撃でカタがつく、驚きのゲーム。
 
 
  
必要なとこだけ記載。
 

攻略1 
 
絶情谷
 

  1. ゲーム開始直後のイベントでは、黄蓉が言う小龍女は南海神尼のところに行ったのではないかという推測は覚えておいた方が後の分かりが良くなります。
  2. プレイヤーが操作をできるようになった際には、主人公楊過の他付き添いとして残った程英、陸無雙という二人の女性からなる3人のパーティとなります。この絶情谷エリアはキャラ育成のためかランダム戦闘の発生が高率に起こりまして、ダメージをためていると危ないことも多いですからキャラの状態には注意をしておきたいところです。出現する敵は虎と鰐です。
  3. このエリアでの目的はイベントで語られますが、情花樹を一掃しようということです。情花樹はこのエリアのところどころにある灰色の樹木で接近すると戦闘が発生します。敵としては虎や鰐よりはるかに容易な相手で、攻撃していればすぐに倒せます。また、情花の毒に聞くという断腸草については、服用するイベントのみで事足りるようで特に指示して使うということをしなくても話は進みました。
  4. 宝箱(茶色の箱)の他、地面のところどころで鉱石を入手できます。これはショップを利用できるようになるまでは使い道のないアイテムになりますが、利用できるようになったら武器強化に使えますから拾っておくといいでしょう。
  5. 一軒家のあたりから右手の方に一つ、左手の方で坂道を登った先に一つ、洞窟の入り口のようなものがあります。右手の方は接近すると「休む」により回復をすることができます。坂道の上の方はフィールドへの出口(外への出口)なのですが、この段階ではここからフィールドに出ることはできません。
  6. このエリアは戦闘の発生率が高いですから、しょっちゅう洞窟まで戻って休むというのもやりにくいです。戦闘に勝つと結構な率で回復アイテムを入手できますからこれを効率的に使うこと、また、レベルアップによるパラメータ回復も視野に入れて進めるのがいいと思います。
    またアイテム「断腸草」については、能書きが「情花の毒」に言及するもので、またイベントで定期的に服用するようにてなことを言われますが実際にはプレイヤーが指示して服用させる必要はありません。またこのアイテムはマニュアルの記載や、特定のメニューでは分かりますが内力回復のアイテムで、他のアイテムと同様に使用していいものになります。
  7. 情花樹を1本残したぐらいのところで、「これぐらいでいいだろう」というような台詞が出まして、休もうということになります。ここで休める方の洞窟の入り口に行くとイベントで戦闘まで一本道ですから、なるべくなら情花樹も全滅させ、ザコには楽勝できるぐらいにしておき、回復アイテムもストックしてからイベントを発生させたいところです。また、イベント戦闘の後もちょっと厳しい段階になるので、主人公のレベルを最低10、なるべくなら11にしておくのが望ましいことになります。
  8. イベントで、クドゥを従えた金輪法王との会話、そして戦闘があります。初のイベント戦闘(ボス戦)となり対峙もありますから、手持ちの招式の中からできるだけ速度の値が大きいものを選んで対抗するようにします。また、対峙にならない行動のチャンスを逃さずに回復を惜しみなくやっていかないと案外戦闘不能になりやすいです。

神雕山谷

  1. 戦闘に勝ったならイベント進行となり、楊過は女性二人と別れて単独行動をとり、神雕がいる神雕山谷を一人で探索することになります。敵は前のエリアより手強くなるのに一人になるわけでここが結構危険な段階になります。絶情谷でイベント戦に突入する前に、主人公のレベルを最低10、なるべく11というのはここのことも考慮した目安のわけで、イベント戦ではまず1レベル上がりますがここのザコ戦ではレベル11以下だと結構危ないのです。12あればほぼ安心して進めますが、それでも強ザコ複数の敵と戦うと危ないこともあります。
  2. 屋外部分でのスタートとなります。休めるポイントや外に出るポイント(出られませんが)がありますが、屋外はどうってことがないのでして、山の方に進み洞窟の入り口を入ってからの「神雕山谷内部」探索がここのメインとなります。
  3. 分岐が多く、似たような地形が続いて嫌になりますが地道に分岐を潰していきます。敵はコウモリのようなのとミイラ男のようなので、コウモリは弱いですがミイラはかなり手強いです。レベルが上がるまではダメージを負ったら早手回しに回復を心がけておいていいでしょう。
  4. 急傾斜で上につながる坂道の所に出たら正解です。が、どんどん上に行ってしまって山頂部に出てもまだ何もありません。見落としやすいのですが中腹部につながる分岐がありますからこれを先に辿って、屋外に出ます。そこに「剣塚」があってイベントが起こります。
  5. 剣塚のイベントの後で山頂に出ると神雕がいて、話しかけると教えを乞うかどうかの選択があり、乞うと戦闘になります。この戦闘では対峙ウィンドウが表示された際に、招式を選択できないことが多くなるかと思います。これはしかたがないので「防」ボタンをクリックしてダメージを貰います。あとはダメージのたまりに注意しながら、こちらが行動できるようになった際に回復か攻撃かを選ぶだけです。ここで戦闘に勝っても、山頂の状態は変わらず、神雕に話しかけると繰り返し戦闘することができます。繰り返し勝っても特に何が得られるとかいうこともないのですが、経験値が大きいので少し粘ってレベルアップしておいてもいいでしょう。多分、一度勝てたならそのまま進めてしまってもそう問題はないかとは思いますが、レベルが高い方が余裕があるには違いないですし。
  6. 話を進めようと思ったら、延々とまた内部の道を戻ってふもとの屋外部分に出て、外に出るポイントがある方に進みます。するとイベントがあって楊過が南海へ小龍女を探しに行こうと言い、神雕が同行することになります。ただし、神雕はイベントシーンには登場したりもするのですがパーティメンバー扱いとはなりません。けれどもこの後は神雕を召喚する絶学を使用できるようになります。これのおかげで、バランスが急激にイージーになってしまう(召喚を使うならです)ので、どの程度頼るかはまあプレイヤーの考え方次第ということで。

東海漁村

  1. 地域マップのつながりがちょっと分かりにくいところですが、集落部分(空き家に入って部屋の奥に行くと「休む」ことができます)の右の方にある階段からは海岸に進むとができ、海岸の手前(画面下)からは船の所に、海岸の奥(画面右)からは岬部分に行くことができます。また集落部分の左には「外に出る」ポイントがあり、ここからはフィールドに出ることができます。ただし、村の中でいべんとなどをこなした後でないとフィールドに出ても入れる所がありません。
  2. まず岬部分に行き、先端の方まで行くとイベントが発生して波と戦うことになります。これは戦闘ではなくて最初のミニゲームで、コツを把握するまでは意外なぐらいに大変でした。表示される説明文を素直に受け取ると、波が高くなった(赤系のバーが伸びた)時のみクリックで剣を振ればいいのかと思うのですが、これをやっていると動作の合間にズズズっと動いて前後どちらかに落ちてしまうのです。むしろ移動先を指定するようなつもりで足元の前後をクリックして、なるべく岩の真ん中に近く位置させるように、という感じでやると成功しました。修行をしたというイベント扱いになりますが、その後はここも先の神雕と同様に繰り返すことが可能になります。これは戦闘ではないため(らしく)繰り返しても経験値は得られません。しかし、繰り返して挑戦して成功すると特殊アイテム(水龍吟)を入手します。このアイテムについては、強力召喚絶学習得に関係します(強力召喚への道ページに詳しく書きます)。
  3. 話を進めるため人のいるところまで戻ると、先の段階では豊漁の噂ばかりだったのが一転不漁の嘆きばかりとなっています。そこで船の所まで行って漁師達と会話すると、不漁の原因が大海蛟らしいという話を聞き、一つ調べてやろうということになります。イベント進行で海上での戦闘になりますが、もし鳥様を飛ばせば多分一発でカタがついてしまうでしょう。
  4. 戦闘の後、南海神尼について、不帰海の小島にいるが不帰海を抜けてそこに到達するのは通常では無理であること、南海神尼とともにそこを通り抜けた段という漁師がいたが嘉興に移ったことなどを聞きます。
  5. それから集落の方に戻ろうとすると海岸のところで、海賊が来たということになりまして、海賊3人との戦闘があります。普通に戦っても倒せますが召喚を使えばこれも一発です。
  6. 戦闘の後もイベントが続き、柯鎮悪という老人が現れ会話イベントとなり、この老人に父のことを聞くか、小龍女探しを優先させるかという選択があります。ここで父のことを聞く方を選ぶと、この後柯鎮悪と行動を共にする(パーティメンバーとなる)ことになり、聞かないと彼が去って相変わらずの一人パーティとなります。この後、パーティメンバーがいてそれほど助かることも実はないのですが、イベントの流れを見ると彼と共に行動する方が話は分かりやすくなります。彼と共に行動する場合には、いずれも嘉興に行く必要があって同行するということになります。
    追記:当初、話の流れから同行する方が筋だと考え、その流れを主体に記載していましたが、その後同行する方を選択することで、イベントやクェストについて不利益が生じるかもしれない(十分確認し切れていませんが)現象が見られました。話が分かりにくくなるのが難ですが同行しない方が無難のように思われます。(小龍女探しを優先ということでマニュアル記載の原則に沿っていそうでもありますし。)
  7. さて、集落のあたりに戻ると漁師の王豊に話しかけたときに、不帰海に行くかどうかという選択になって少々驚かされます。ここで「行く」を選ぶと船に乗ってミニゲーム不帰海越えへの挑戦をすることになります。このあたりはいろいろありますので別項に。
  8. 本筋としては集落の所から外に出てフィールドを嘉興に向かいます。

嘉興~蔽日林

  1. 東海漁村~嘉興はフィールドの中でもかなり分かりづらく厄介な移動となりまして、初めてのフィールドでの移動がこれというのはかなり酷ではないかとも思うのですが…東海漁村から出ると北はすぐに水際です。嘉興はマニュアルの地図にあるように、北西にあたりますが、河か入り江かとにかく水に仕切られているため、南→西→北→東と非常に大きく回り道をしなくてはなりません。また東西の移動は通れるところを探してやらなくてはなりません。臨安のシンボルが見えるかもしれませんが、ここはまだ入ることができず、シンボルの上を通過してしまうことになります。また、付近まで来ても嘉興はシンボルも何もなく、そのあたりに近づくと文字表示が出るのみとなります。
  2. 市中に入るといくつかサブクェストがらみの会話などがあります。一つは浪人から襄陽にいる父への伝言を頼まれる件で、伝言するかしないかの選択となります。襄陽は比較的早期から入り口部分を通過はできますが、市中に入れるのはゲームがかなり進行してからのことになるので、この件の解決は先の話になります。
  3. 入り口に近いあたりを行ったり来たりしている商人に話しかけると菓子(桂花点心)を買うかどうかの選択があり、ここで買っておくと先の方で行ける町で、ある人の望みをかなえてやることができます。
  4. 家伝来の武芸が盗まれたことを嘆いている人がいて、これは特に依頼を受けるとかの選択はなく、そのアイテムを持って話しかけたら解決になります。そのアイテムというのは洛陽に行ってから入手できるもので、洛陽のメインストリート北の方にある柵のような感じのところでうろついている子供に話しかけると、この子供が盗みを働いていることが分かり、秘笈「昆崙剣譜」を受け取ることになります。この後、ここの男性に話しかけると情感値を獲得します。また秘笈は謝礼にという形で手元に残ります。
  5. ショップが利用できるので、装備を改善したり(主人公だけにしておく方がいいです)回復アイテム(高価でも効力の大きいのを少数買っておくのが厄介な戦闘で助かります)を買っておいてもいいでしょう。
  6. 東海漁村から柯鎮悪と同行する流れになっていた場合に、話が進むのは道なりに町の奥の方に進んでいった際で、ここで最初に一緒だった程英、陸無雙の二人と出会いますが、その後柯鎮悪に恨みを持つらしい人物が出現して程英をさらい、蔽日林に来いと言い残して去ってしまい、柯鎮悪が一人で追った後、心配した楊過と陸無雙が蔽日林に行くという展開になります。
  7. 柯鎮悪と同行せずに一人で嘉興に入った場合、町中ではさしたるイベントがなく、フィールドから蔽日林に入った場合に進行があります。
  8. 蔽日林は嘉興からフィールドに出て南西に少し行ったところで、ここもシンボルがなく(修正パッチを適用するとシンボルが出るようになりました)、この段階なら文字表示が出るようになっています。まずは戦いを見て柯鎮悪を連れて戻ることになり、二人の女性の家(二人に出会ったあたりに入り口があります)に入り、右側の部屋に入るとイベントがあります。それから再び蔽日林へ程英救出に向かいます。
  9. 入ってすぐのあたりに宝箱があるので調べてから川を渡ります。ここでイベントがあって、青霊子と出会い、彼と柯鎮悪の敵が共通であるらしいことが分かって行動を共にすることになります。川を渡った先では木に登って樹上の通路と地上とを繰り返して進んでいきます。分岐がいくつかあって、一つは武芸の融合をできる所につながっていますが、多分この段階では何も作れないだろうと思われます。あと滝の裏側を抜けていくところには緑色のマークがあり、ここもこの段階では何も起こらないと思います(起こったとしてもいい結果は得られないでしょう)。本筋の道をたどると万風行と出会うことになり、事情は十分明確でないかもしれませんが、敵対していることは確かなのでイベント戦闘となります。戦闘後逃げた万風行を青霊子が追う形で彼がパーティから抜け、楊過たちは嘉興に戻って程英、陸無雙の家に入ります。
  10. その後外に出て、右側の橋を渡るあたりで楊過が再び二人の女性に別れを告げて船に乗るというイベントになります。

渡し船

  1. 船のエピソードが始まる甲板、画面右の方から行ける甲板の別の部分、甲板から船室部分への入り口→通路から行ける4つの船室のそれぞれにNPCがいまして、これらNPCと会話して回るアドベンチャー展開となります。なお、船室の内右奥の部屋は自室となるようで、ここで「休む」ことができます。
  2. 2周ほど話して回ってリアクションに変化がなくなったら自室で休むとイベントがあり、殺人事件が発生します。
  3. また会話をして回ります。繰り返していると、聾唖頭陀が仕草で何かを伝えようとし、船室の客から被害者は密書を持っていたという話を聞くことができます。さらに申屠無極と話して状況を分析してから、趙暉がいる方に行くとイベント戦闘が発生します。この戦闘では対峙を強いられることがとても多くなり、ダメージを貰った場合に危なくなることも考えられるので、行動の自由がある時には状況を見て早い目に回復をするように心がけて戦うといいでしょう。
  4. 戦闘が終わるとイベントで船が常徳に着きます。

不帰海

  1. 漁村で得られた情報に従って、嘉興で段老人に会わねばならない、と思うのが普通なのですが、実は海図は三つのパーツに分かれており、二つを入手してから嘉興の段老人に会わないと、海図のパーツを揃えることができません。また、海図を入手しないうちに東海漁村で王豊に話しかけ、不帰海に行ってしまうと、探索を中止した場合にも、形だけ通り抜けた場合にも、海図を揃えられなくなったことがありました。揃えるまでは探索に出ない方が無難だろうと思います。
  2. 海図のパーツの一つは集落の空き家(元は段という漁師が住んでいた家)の棚の容器(部屋の右下の方)の所で入手できます。手を握った形のアイコンが出たところでクリックします。海図のパーツのもう一つは、東海漁村からフィールドに出て、ほぼ真南に進み、岩がつったっている所に行ったなら岩の周辺で手を握った形のアイコンが出るところを探してクリックします。
  3. 二つのパーツを揃えた後で嘉興にいる段老人を訪ねます。彼の家は、程英、陸無雙の家の隣です。ここにいる段老人は海を越えた本人ではなく兄弟で、海図のパーツ二つを持っている状態であれば最後の一つを貰うことができます。他のパーツを持っていない状態で話しかけると、兄弟(海を越えた本人)は蔽日林が好きだったからそこにある可能性が高いと言われます。ところが、蔽日林で海図を見つけることができません。これってちょっと意地悪なような気がする…
  4. なお、東海漁村から柯鎮悪と同行した場合、他の二つのパーツを入手しており、東海漁村から不帰海に行かなかった場合であっても、嘉興に入ってから段老人に話しかけて、他のパーツを持っていない場合と同様のリアクションしか得られないというのを見ています。情感値の影響かとも考えましたが、うまくいった場合と比べて情感値に差が出るとは思われない状況でもそうなりましたし、スルーしておいて情感値を上げてから話しかけても同様なので、もしかしたら柯鎮悪とのイベントで、小龍女探しを優先させないと、不帰海には行かせないぞという設定になっているのかもしれません。(この場合、結果的には召喚魔法二つを使えないことになってしまいます。)
  5. 海図を揃えてから東海漁村で、王豊に話しかけて不帰海に行き、海図に従ったルートで進むと南側に抜けることになります。ここで以前に戦った大海蛟と戦うことになります。前より少し強くなっているかもしれませんが、さほどのことはないでしょうから倒すと、特殊アイテム亀鳴涙(用途については強力召喚への道ページに)を入手し、大海蛟召喚の絶学を使えるようになります。
  6. その後小島に至りますが、妻と会うことはできず、期日を指定して迎えに来て貰った王豊の船で東海漁村に戻ることになります。
  7. 海図を持たない又は揃えない状態で、王豊に話しかけて不帰海に乗り出し、総当たりなりラッキーなりでルートをつぶせば抜けられる道を見つけることはできます。ところが抜けた先は元の東海漁村となります。しかも、一度不帰海に出てしまうと、嘉興で段老人にはなしかけても海図のパーツを持っていない場合と同様のリアクションになってしまう場合を経験していますから、これはやめておいた方がいいでしょう。

常徳

  1. ここはマップがすっきりしないつながり方をしているので、ざっと歩き回って構造を把握しておくといいでしょう。見落としやすいのは、画面下の方からもつながっていそうなのに、画面上の方のマップからしか入れない路地部分とか、通路から画面左の方によると入り口が見えてくる紀文馨の家などです。また、宿の近くにフィールドにつながる「外への出口」があります。
  2. 紀文馨の家にいる曹老人は嘉興に行った娘への伝言を依頼してきます。これはすぐに解決できるので忘れないうちにやってしまうといいでしょう。常徳に船で着いたあたりに行って船頭に話しかけるか、船に当たるかすると嘉興に行けますから、通路で緑色の服の女性をみつけて話しかけるとそれらしい会話になります。その後船着き場で船頭に話しかけるか船に当たって常徳に戻り、曹老人に話しかけます。
  3. 一連の張一氓、紀文馨がらみのイベントを見ておきます。この話はこの段階では尻切れトンボのようになりますが、後で続編的イベントがあります。町の通路を奥の方に(画面上の方に)どんどん進んで階段を登った先の飛捷楼に行き、階上に上がって張一氓が老人にからまれて困っているのを申屠無極と共に助けます。
  4. 宿・外への出口の方に行くと、張一氓と紀文馨に出会います。さらに紀文馨の家に行くと趙暉がいます。一連の件はこの段階ではもうイベントなどが発生しないようです。
  5. 外へ出ようとすると遅いから休もうというようなリアクションがあるので、宿で「休む」を選択します。飛捷楼の方で音がするというイベントがありますから、飛捷楼に行き階上のベランダに行くと花火師の黄一炮そして料理人の人厨子と出会います。ここで黒玉鉦について聞くことになり、この件もここで一段落しますが、この二人そして黒玉鉦については後の時点の進行に絡んでくることになります。
  6. 常徳ではもうイベントがあったりリアクションが変化したリしなくなると思われますから、船の事件で入手した「密書」の情報に従って、洛陽の白馬寺に行くことにします。
     

洛陽~嵩山少林寺 

  1. 常徳から洛陽もフィールド移動が必要となり、これもかなり面倒な移動となります。まずは華南大地図を参照しながら、常徳からいったん北側に行って西の方に進み(東西の移動は通れるところを探しながら)北西にあたる橋を渡ります。そこからまた山塊と湖を迂回するように東→北西方向に進み、いったん襄陽に入ります。
  2. 襄陽では橋の手前から入り込むように進むと、見張り二人がいるマップに出られます。ここから市中の方には行くことができませんが、まっすぐ、及び左右に進んでフィールドに出ることができます。橋を越えて渡ると北側(華中)に、左右に出ると華南のフィールドに出られます。マニュアルに記載されているように、このようにして襄陽を通り抜けることでフィールド画面に見える橋を渡り華南と華中とを行き来することができます。ところで、襄陽のシンボルの横側から当たった場合など、本来市中に入れる段階ではないはずなのに入れてしまうことがあります。困ったことに、話して回ったり買い物などしたりして、いざフィールドに出ようとすると、通せんぼの会話イベントが発生して市中から出られないという状態になってしまうこともあるのです。ここはフィールドで橋の方を目指して進むようにして、確実に入り口マップに入るようにしておくのが無難だろうと思います。市中に入れるようになるのは、かなり話が進んでからで、あるイベントでここの旅館に来るように言われてからです。
  3. 襄陽の入り口マップから北側に出たなら、ここからは華中大地図を参考にしながら北東の洛陽を目指します。このルートは道づたいに行けばよいので、比較的分かりやすいものとなっています。
  4. 一応会話したり、ショップを利用したり、脇道など(特に問題の白馬寺)を確認しておくといいのですが、特にイベントもないはずです。
  5. ここは夜に白馬寺に行かなくてはならないので、宿に行って休みます。注意しなくてはいけないのは、客室から出たすぐの所は宿の裏手でありここから出口を使うと庭に出てしまうことです。裏手の部屋の画面で右下に進むと表(宿の主人がいるところ)に出られますから、ここから街路に出て白馬寺に行きます。
  6. 怪しい連中の陰謀を聞き、万風行と黒覆面(夜梟)とのイベント戦闘があります。
  7. 戦闘に勝つと、怪しい連中の計画を少林寺に知らせてやらなくてはということになるのでして、ここは急がねばならないような雰囲気なのですけど夜の状態では町から出ることができません。気分的には?になるのですが、又宿で休んで昼にしてから外に出ます。洛陽からほぼまっすぐに南に進むと(この段階なら)嵩山少林寺の表示が出るのでそこに入ります。
  8. 表だって入ろうとすると閉鎖中だからと拒絶され、怪しい連中から得た情報に従って抜け道を探すことになります。抜け道の入り口は、少し奥にはいると入り口が開いた塔のような所が見えるのですぐ分かるでしょう。
  9. 地下では仕掛けを操作しては扉を開いたりしながら分岐をつぶして進んでいきます。さほど難しい構造でもないのですが、行けるところを見落としやすいことと、ランダム戦闘の少林僧が厄介です。前後の戦闘と比べても攻撃力・かたさともかなり手強い設定になっていると思われます。上の坊さん達はのんびりしていたものですが、まあこんな通路使っているこっちもこっちだし。洛陽で装備改善などもしておき、HP(生命)のみならず、MP(内力)の回復アイテムも十分持っておいて、鳥の兄貴にがんがん飛んでもらってもここはいいだろうと思います。
  10. 樽のようなものを操作(虫眼鏡アイコン)して扉が開閉し、開いた扉から入っても行き止まり?と思う場合、
    ・別の方向を調べてみるべきです。例えば秘道に入ってすぐのあたりでは、洞窟っぽい領域からまっすぐ進んだ建造物ぽいところで仕掛けを操作し、いったん洞窟っぽいところに戻って横手にある入り口から建造物らしいところに入り、先に進まなくてはなりません。
    ・仕掛けの操作が必ずしも本筋につながらない場合(分岐路への道を開く場合や、単に道をふさいでしまう場合)があるので、十分調べても進めないようなら、仕掛けを再度操作してから調べ直すことが必要です。
  11. いかにもそれらしい階段に出会ったら、セーブしてから登るといいでしょう。ここではいきなり疑われてイベント戦闘になってしまいます。これに勝つとイベントでドタバタなことになってしまい、その後申屠無極に出会って、常徳の黄一炮設計製作の火砲の話題が出て、彼の力を借りるために常徳まで行くことになります。申屠無極とは「ここで会おう」ということになるので、街路に出たところでその民家の位置を確認しておきます。洛陽に戻った際にこの民家に入らなくてはいけないからです。

常徳~烏鴉山

  1. また面倒な襄陽経由の移動を繰り返さなくてはなりませんが、常徳まで行きます。黄一炮の家は、薬屋の前で呼び込みをやっている男がいるあたりの脇道を入った先にあります。以前の段階ではここに入っても黄一炮に会えませんが、この段階では彼がいます。こっちの方でもいろいろ変なことがあるようで、烏鴉山の異変の話を聞き、そこを調べに行くことになります。
  2. 途中で張一氓に声をかけられます。紀文馨も一緒で、烏鴉山を調べに行くならそのあたりをよく知っているからと、紀文馨が同行することになります。
  3. もちろん彼女がルートを指示してくれたりするわけでもないですが、マニュアルの地図を見て探せば烏鴉山のあたりに行くと例によって表示が出ます。
  4. ここも、要所は屋外でなく山の内部(洞窟ダンジョン)です。屋外からは二つの入り口がありますが、どちらから入った場合にも青霊子(万風行を追っていったことが示すように、同じ怪しい連中を調べているので)が登場してパーティ入りします。右側から入ってイベントを発生させた場合でも、イベント後には左側の入り口から入ったところにいることになります。
  5. 右側の入り口から入った場合、一段低いところに階段を使って降りることができます。低いところでは宝箱が一つある他、別方向に進むと入り口から熔岩の洞窟に出ることができます。この段階では、洞窟内の狭い陸地部分にしか行けないはずですが、後から来た場合この陸地部分で低いところにおりると、熔岩部分に飛び降りるかどうかの選択があり、飛び降りると熔岩の部分を画面右の方に進んで別の陸地に行くことができます。その先は特定のアイテムを持っていないと特になにもないことになります(詳細は強力召喚への道ページに)。
  6. ダンジョンは通路がうねうね続いて面倒ですが、要は屋外右側入り口から入った先でレバーを操作しておき、屋外左側入り口から入った先から奥に進むということになります。奥を調べてから出ようとすると武炎という外国系大男タイプの敵と戦闘があります。これはそんなにも大変でないでしょうからさらに出口に向かうと今度は万風行が登場しますが、青霊子がイベントで倒してしまいます。このあたりは釈然としないこともあるでしょうが後で真相が説明されるのでして、ここではどうにもなりません。
  7. 紀文馨は一人で常徳に戻るから少林寺問題解決を急ぐようにと言い、パーティを離脱しますが、ここは彼女が心配になり、とりあえず常徳に戻るのが正解のように思われます。洛陽に行って話を進めることも可能ですが、話は分かりにくくなりますし、後の進行に影響がある可能性もあります。一度戻って次項のイベントを見ておく方がいいでしょう。
  8. 黄一炮の家に行ってから、青霊子が旅館で合流しようと言って離脱した後、紀文馨が張一氓の様子がおかしく、まるで二人いるように思われると打ち明けてきて、確認するのを手伝ってくれと依頼されます。これは例によって宿で休んでから言われたとおり宿の右手にある橋のあたりまで行くとイベントがあります。この後はほとんどイベント進行となり、彼女の家で張一氓の偽物がいた件が判明します。
  9. 昼になってフィールドに出ようとすると宿から青霊子が出てきて合流します(会話に出ていた旅館名と違うような気もしますが、とりあえずここはそのまま進めます)。

洛陽~華山

  1. 洛陽に行き、申屠無極と申し合わせた民家に行くと少林寺の無色禅師が来ていて誤解が解けます。そして、作戦を立てた上で役割分担を果たすために、無色禅師、青霊子とともに少林寺に向かいます。少林寺に行くとイベント進行となり、イベント戦闘が2連戦あります。このあたりからイベント戦闘連戦とか、対峙強制とか、対峙で防御しかないとかそういうのが多く発生するように思いました。その後偽青霊子がいたことが判明します。ここでは逃げられますがいずれ真相は分かります。
  2. さらに、出口で女性(楚婦人)からモンゴルの兵隊長の悪行と夫の無理解、娘の窮状を訴えられます。ここで彼女には洛陽の長平旅館で待つように告げて、兵隊長をとがめることが目的となります。
  3. 兵隊長の家は洛陽にあり、門番が見張っていまして、ここも夜に入れるところになっています。上記のイベントがあってから旅館で休み、夜の状態で兵隊長の家に行くと中に入ることができ、順番は異なってもいいかもしれませんが、右側に進んで娘を逃がしてから、左、中と調べていきます。楚婦人の夫に対してこらしめるかほっておくか、兵隊長に対して殺すか川に投げ込んでこらしめるかの選択があります。当面の進行はいずれもどちらを選んだ場合にも同様のものとなりますが、ここの選択は終盤の進行~エンディングに影響することになります。詳細は終盤進行とエンディングに関するヒントページに。
  4. 宿に行くとイベントがあって、助けた娘楚青柳が感謝と愛情を告げてきて、最終的にははっきり断るかやんわり断るかの選択となります。ここもどちらを選んでも当面の進行は同様となります。この選択も終盤の進行とエンディングに影響するようです。
  5. イベントが続々と発生しまして、紀家で事件があり、趙暉が目撃されたという情報が伝えられたあと、当の趙暉が現れてイベント戦闘、次いであちらが助けを求めた趙暉の父とのイベント戦闘があります。これはさほど困難な戦闘ではないかと思われます。
  6. しかしこのドタバタで楚青柳が毒にやられてしまうので、隣の区画に移動して医者の百草仙のところに行きます。ここにはいろいろな人物が集まってきて、解毒のために必要なものを手分けして手配することになり、楊過は医者の百草仙と共に華山へ千年雪人参を探しに行くことになります。
  7. 華山はフィールドに出てマニュアルの地図を参照して探せば結構楽に行き着けることと思います。
  8. ただし、入ってからは分岐が多い上にループで戻った場合などの見分けがつきにくく(似たような地形が続くので)、ランダム戦闘の発生率や敵の厄介さもそこそこなので、結構手間をとられます。武芸の融合をできる所などもありますから行き着いたなら試してみてもいいでしょう。
  9. 雪人参を見つける場所は一定ではありません。袋小路のようなところで、地面に足跡が見えるところに出たらそこでイベントが起こるので、丹念に袋小路を歩き回ってみるといいでしょう。足跡を見つけたというイベントになり、雪人参との追いかけっこ(というか陣取りゲームに近いか)のミニゲームになります。このミニゲームではとにかく、自分と相手が位置しているマスの番号を確認(右クリック)し、移動できるマス(位置しているマスが1なら周辺のマスなど)を把握します。あと、積極的につかまえよう(相手がいるマスに移動しよう)と思うと結構大変ですし失敗もしやすくなるので、とにかく相手の次の一手で逃げられない(自分のマスに到達されない)ことだけを考えて、適当に移動していたらそのうち相手が行き詰まって勝利できることになります。
  10. ミニゲームに勝った後、雪人参そのものと、次いでその保護者とのイベント戦闘が連続してあります。さほど困難でもないかと思うので手堅く戦っておけば大丈夫でしょう。保護者の衛浄雲がどうぞお持ち下さいと言ってくれたら元来た道を戻ります。
  11. ところが、洛陽に戻る前にまたイベントがありまして、兵士に囲まれた青年を助けることになります。兵士はザコ敵と同程度なので戦闘はどうということもないでしょう。助けた青年は王明仁でその父は王惟忠将軍であり、丁大全の陰謀により濡れ衣をきせられて裏切り者扱いされ、半月後に臨安で処刑される予定だと聞きます。これはほっておけないということで、助けるのが当面の流れになります
  12. ここではいったん洛陽に戻って医者の家に入り、百草仙がパーティを抜けてから、後述するルートで臨安に向かいます。家に行くまでは百草仙がパーティにいますが、この状態で臨安に行っても地域マップに入ることができません。

臨安

  1. 臨安に行くにはいったん常徳まで戻り、乗船して嘉興に行ってから、フィールドに出て地図を参照しながらおおむね北西→南西と進んでいくとシンボルが見えてくるでしょう。この段階ならシンボルに重なると入ることができます。
  2. ここのショップはいいものを置いていますが、来るのが面倒なのでなるべくならこの段階で装備改善をしておきたいところです。
  3. 嘉興で商人から菓子(桂花点心)を買っていれば、ここでそれを欲しがっているNPCに出会ってサブクェストを解決することができます。
  4. 脇道に入った路地で子供が遊んでいますが、この子供と会話をした後付近の家で女性に子供が外で遊んでいることを告げてやはりサブクェスト解決のようなことになります。
  5. あと、条件がよく分からないのですが、薬を届けるサブクェストです。メインストリートを往復している配達少年と、脇道の民家にいる夫婦の問題のようですが、一応少年と話してから夫婦と話すと解決っぽい流れにはなるのですが、特に何が得ということもないようなので…?
  6. 脇道の路地で物乞いと会話すると猿酒を入手することができます。これはあるところの旅館(宿酒場)で、女性に話しかけると、これを渡して謝礼を貰うというイベントがあります。
  7. 民家で、奥に入ると子供二人がいる家では、台の上にいる子供に話しかけると秘笈を入手できます。ところで、この奥の部屋から表の部屋への移動がなかなかやりにくいので、焦らずに移動ポイントを探してみるようにしましょう。
  8. しっかりと通路の分岐を調べていくと、息子が無実の罪に問われたと嘆く老婆に出会います。ここらの処遇は金次第らしいので、とりあえず金2000を渡して息子を助けてやるように言います。これが本筋のとっかかりとなります。あと、処刑場、丁大全の家、陳大方の家がありますので場所を確認しておくといいでしょう。
  9. さて、目的である王惟忠救出の手順は与えられた情報だけからでは不明確かと思われますが、諸悪の根元である陳大方と丁大全を排除してから処刑を阻止することになります。とりあえず宿で休んで夜になると、陳大方の家には入れるようになります(丁大全の家の方にはまだ入れません)。ここに入って兵士戦と、陳大方+兵士戦を制するとこっちはOKです。そして「次は丁大全」という目標が示されます。
  10. 町中で会話しているとよく分かる(必要ということではないようです)のですが、丁大全の家の方に行くと(昼夜問わず)、ここは罠が多数仕掛けられているそうだから、仕掛けなどに詳しい黄一炮に援助を依頼しようということになります。面倒でしょうがいったんフィールドに出て、嘉興に行ってから、船で常徳に行き、彼の家に行ってパーティに入って貰ってから戻ります。
  11. 丁大全の家に入り、開ける扉から開いて調べながら鍵を入手していきます。床に枠のようなものが浮き出ている所は踏まないように(画面上の方から下の方に進む際には特に見えにくいので注意を)、扉に枠が下りる部屋では壁の絵画をクリック、などに注意して進みます。火水木金土の表示がある扉は該当する鍵を入手していないと開くことができないので出会って開けなかったら他をあたってみるようにします。おおむね、火→金→木→水→土のように入手していきます。地下に降りて扉を開いて進んだ先で、ロウソクの所に操作アイコンが出る所は必要なアイテムを入手していなかったら無視するしかなく、その周辺から先には進めません。
  12. さて、土の鍵を入手したなら、入ってきた所のフロアの一つ上の回廊に面した扉を開くことができます。ここでは問題の丁大全についてはイベントで倒してしまいますが、九死生と百損とのイベント戦闘がちょっと厳しいものとなります。ここでは黄一炮が対峙に対応しにくいのが結構問題になるので、あくまでサポートするか見切るかはプレイヤー次第になるでしょう。とにかくこの戦闘に勝つと、先に力を貸した老婆の息子である宋五に会うべきという方針が示されます。
  13. 以上のような手順で進めていた場合には、この地域への出入り口を戻ろうとすると黄一炮が黒玉鉦とこことの関連が分かったので隠し部屋を見つけようといいます。
  14. 探索を進める中で火摺というアイテムを入手していればいいのですが、ないなら調べ直して入手します。そして地下部分に入り、ロウソクがあった所でロウソクをクリックして、火を灯すと周辺にある扉から先に進むことができます。その先ではイベントがあり、懸案の黒玉鉦は襄陽爆破のキーアイテムであり、他のキーアイテムとしては六臂観音が持つ法器(剣、仏珠などの各種アイテム)が必要となることを知ります。このイベントは丁大全の部屋のイベントより先に見ることもできます。
  15. 丁大全の家を出て市中に戻り、夜のうちに宋五の家(脇道からさらに脇道という感じの通路に面していますからよく調べて見落とさないようにします)に行きます。ここで王惟忠救出の助力を頼みます。
  16. 昼になってから処刑場に行くと下準備に対応したイベントが発生しますからあとは邪魔者との戦闘に勝利すれば一件落着となります。この後は「楚お嬢さんは大丈夫か」というような台詞があったことかと思いますが、洛陽で楚青柳の様子を見に行くのが本筋となります。

黒玉鉦と六臂観音の法器

  1. 洛陽に行き、医者の家に入ります。ここはほぼイベント進行で、黄一炮から黒玉鉦がなくなったと聞き、盗んだ犯人は発動のために必要な六臂観音が持つ法器のところに行くだろうからと、分析を始めます。多分ここの会話をメモなどしておかないと、後でどこに行ったらいいのか分からなくなるかもしれません。六つのうち五つについて、それらしい像が五台山中に二つ、少林秘道に一つ、白馬寺に一つ、そして曇華大師が自分の寺(五台山の仏光寺)に一つあると言うので、楊過、黄一炮、曇華大師でそこに行くことになります。
  2. 五台山ですが、華北地方に行くために風陵の渡しで川越えをする必要があります。風陵の渡しは洛陽からほぼ真西に行ったところですが、このあたりはフィールドにしてはランダム戦闘の発生が多く、また盗賊タイプの敵は結構手強いので、念のため回復アイテムなどは十分用意しておくといいでしょう。
  3. 風陵の渡しは、華中側にはシンボルがなく、この段階であればそのあたり(川の流れが分かれている所を目安にするといいでしょう)に行くと文字の表示が出ます。そこに入ると町中の地域マップになり、この地域マップの陸側に出れば華北側フィールドに、船着き場の方に行くと華中側フィールドに出られるようになっています。
    地域マップには酒場と道具屋があります。酒場ではちょっとしたサブクェストがあり、商人に話しかけると商品を常徳まで届けるという依頼があります。移動は面倒ですが、常徳に行って往来をうろついている商人(ここの商人と外見が同様)に話しかけると解決できます。なお、このクェストは情感値か選択肢かによっては発生しないことがあります。この場合商人に話しかけると状況説明の話は聞けますが、荷物を届けて欲しいという依頼はされないことになってしまいます。
  4. 五台山まではちょっと距離がありますが、この地方の地図(マニュアル)は比較的見やすいので、参照してそこまで行くと、ここも文字の表示が出て五台山の地域マップに入れます。いくつか分岐もありますが、ほぼまっすぐという感じで進んでいくと仏光寺に着きます。
  5. 申屠無極と人厨子がいますが、観音像が持っていたはずの禅杖は奪われた後になっています。そこで来た道を戻っていくと、曇華大師に変装した敵との戦闘になります。この敵と曇華大師の対戦などどっちがどっちか分からなくて…
  6. 戦闘の後逃げられて追うという展開ですが、ここに楊過を追いかけて来た楚青柳が現れてものの見事に敵にさらわれ、返して欲しいなら法器を集めて襄陽城に来いと言われます。一人の命と多数の命を引き替えにはできないが、法器は抑えるべきだということになり、楊過、曇華大師、人厨子が五台山中で二つ、少林秘道と白馬寺でそれぞれ一つの法器を入手して襄陽に行くことになります。なお、襄陽の市中にはこの後入れるようになります(六つ集める前でも入れました)から、付近まで行ったなら入っておいてもいいでしょう。また、「強力召喚への道」ページにも書いているように、この段階が強力な召喚の絶学を習得するには適した段階と思われます。やっておくと、今後の戦闘などがとても楽になるはずです。
  7. 五台山の二つは分岐を潰していくとみつかるでしょう(仏光寺に行く前の洞窟部分で分岐の方をたどって抜けた先の狭いフィールドで一つ、吊り橋が集積する島のような部分で、仏光寺と反対側の吊り橋を進み、崖沿いの道をたどった先のフィールドで一つ)。少林秘道は奥の塔から入ってすぐと、本殿に抜ける出入り口に近いあたりとにあります。白馬寺のは特に迷うこともないでしょう。移動が面倒でしょうが、以上を訪れてから(楚青柳がさらわれる際に入手する禅杖を合わせると六つ)、襄陽に行きます。
  8. 襄陽は情感値依存のイベントが結構あるようでした。嘉興で、浪人から襄陽にいる父への伝言を承諾していないといけないのではないかと思いますが、道路で嘆いている老人に話しかけると礼を言われるイベントは、どうも情感値がある程度になっていないと見られないようです。
    また、確認済の例としては、父と自分の考え方の違いを嘆いている青年のイベントがあり、ある程度情感値を高めていれば、青年の考え方を支持してやった場合に情感値獲得がありますが、情感値が低い状態ではいずれを選択しても特にどうということにもなりませんでした。
  9. 襄陽では手がかりは特にないので、旅館で休みます。すると羊太傳廟に行くべしという方向性が示されますから、行って入ると部屋の横手に庭に続く道があり、そちらを探そうということになります。
  10. 通路が迷路になっている庭では袋小路に宝箱などもありますが、話を進めるためには建物に注目です。正面の扉はいずれも入れませんが、施錠されたと表示されるものとノーリアクションのものがあります。入ったところから遠い方のノーリアクションの建物が問題で、扉からは入れませんが周囲の回廊から建物の後側に回り込めて廊下づたいに他の建物に行くことができます。
  11. そこで怪しい連中に会いますが、そのうち九死生が楊過に1対1勝負を持ちかけ、これに勝つと九死生とその配下は去っていきます。
  12. ところが、楚青柳がモンゴルの公主の易木蓉という本体を現し、易木蓉と夜梟との戦闘があります。その後夜梟は爆破の仕掛けを起動させてしまい、楊過が易木蓉の告白を聞き、危機一髪のところで申屠無極と黄一炮がかけつけて仕掛けを停止させます。

風陵の渡し~華北地方各地
このあたりからヒントが少ない、どこに行って何をしたらいいのか分からない、イベントの流れやつながりが分かりにくいというのにしばしば悩まされることになります。何かとばしていることとかあるかもしれません。 

  1. 襄陽爆破の陰謀問題解決の後は、イベント進行で風陵の渡しでのイベントにつながります。ここの道路で、女好きの男とその男から逃げたがっている女に出会います。女をかばって男「殺神鬼」と戦闘になった後、殺神鬼が言及していた西山一窟鬼はあと9人いる、十六夜に倒馬平でということになります。
  2. この段階ではフィールドから倒馬平に入れるようになっています。風陵の渡しを出て北東の方を探すとすぐみつかるでしょう。期日は気にしなくてかまいませんから、地域マップに入ったら橋を渡って広場のようになっている所(滝が見える所)の方に行くとイベントが発生します。
  3. ここには西山一窟鬼の他に万獣山荘の史家兄弟もいて何やらもめているようです。異色の存在である娘(郭襄)もいます。もめごとに巻き込まれるような感じで3人、2人、3人のグループと三連戦があります。その後、もめごとの原因は史家兄弟の一人の重傷を治療するために必要な九尾霊狐は捕まえるのがとても大変なのに、西山一窟鬼側がその捕獲を妨害することになってしまったためであることが分かり、郭襄の口出しもあって九尾霊狐は捕まえて来るということになります。郭襄も同行すると主張して二人パーティになります。(同行の可否をめぐって英雄談義があったりします。)
  4. 黒龍潭は地図を参照しながらそちらの方向に行けばみつかるでしょう。別の所にも書いたように華北地方の地図は見やすくて助かります。
  5. 黒龍潭の地域マップでずっと進んでいくと、沼地のミニゲームをやらなくてはならなくなります。ここはちょっと試してみると要領はすぐ分かるでしょうが、正解ルートを探そうとすると総当たり的にはかなり面倒なことになります。マップ右下のループが鍵になっており、左側のループを使って上の方のT字路に出るとうまくたどりつけます。ここはたいていはスタート地点から1歩進んだ地点に戻ってやり直せるのですが、うっかり誤操作などしてここからスタート地点に戻ってしまうと、進めない、戻れない、方向転換はできない、やめられない(Escキーなどでも)で、どうしようもなくなりました。もしこうなったらAlt+F4キーで強制終了させるしかないのかもしれません。
  6. ミニゲーム後、道なりに進んで家が見えてきたところで九尾霊狐が二体現れて戦闘、これは多分楽勝でしょう。それから九尾霊狐の保護者である老婆が現れてまた戦闘になります。その後一灯大師に会いに行かなくてはならないのですが、これは単に進めばOKです。一灯大師が連れてきた慈恩と老婆の瑛姑との因縁が明らかになったあと、瑛姑から百花谷にいる周伯通を連れてこいという条件を出されます。
  7. 百花谷も地図を見て行けば問題なく入れるでしょうし、地域マップに入って道なりに進んでいけば周伯通(老頑童)に会えます。ここでは彼との戦闘がありますがほとんど会話イベントで進行し、その後黒龍潭でのイベントが続き、いろんなことがあったり分かったりして皆和解できて九尾霊狐も貰えます(殺さなくてもいいことも分かります)。
  8. その後、倒馬平に行って広場に接近するとイベントがあり、九尾霊狐の件で感謝を受けた後、郭襄の姉である郭芙が妹を呼ぶ声が聞こえ、郭襄が去ります。ここで楊過は郭襄とちゃんと話さなくてはと思うので、フィールドへの出口の方に向かい、橋を渡って東屋に行くと郭襄との会話イベントになります。この後、広場に戻っても誰もいないですし、フィールドに出て他の所に行っていいのだろうと思われます。(なんか尻切れトンボのような未消化感のようなものがあるのですが。)

襄陽と襄陽近辺

  1. ここも明確なヒントはないですが、郭襄との会話で襄陽に来てくれという話があったので、行ってみます。特にリアクションはなく、郭家なども入れませんが、宿に泊まってみると夜の状態になるのでこれはどこかで何かあるはずだということで、回ってみると羊太傳廟でイベントがあります。これは羊太傳廟につながる街路に出た段階でイベント進行になってしまいます。
  2. 羊太傳廟の前で、郭襄としばらく間をおいて郭芙が中に入っていくのを見かけて中に入ります。すると、郭襄が殺害された幇主(丐幇の長、ギルドマスターみたいなもの)である魯有脚に呼びかけて話しかけ、郭芙がそこに来て会話イベントが続きます。英雄大宴のことや魯有脚の後継となる幇主選びのことなどが話題に出ます。その後二人が夜梟に襲われて、楊過が夜梟を斥けます。ここはイベント戦闘ですが、ほとんどが対峙の連続となるかと思われます。夜梟が逃げていった後、郭芙の夫で幇主候補の耶律斉が現れ、姉妹との会話イベントになります。
  3. さて、イベントの最後で楊過が、郭襄のための計画を語り、これが次の行動の指針となるのですがここもとても分かりにくいところです。まず、西山一窟鬼と史家兄弟を集めてというのは無視しても構いません。(倒馬平などでも会えるわけではありません。)この段階では襄陽付近の華中フィールドに蒙古軍の先鋒営が出現しまして、多分最初は文字表示のみかと思われますが、ここに入るとイベントがあります。
  4. 先鋒営はイベントだけの所で、その後は食料庫と火薬庫を襲うというのが目的になりますから、東の方にある蒙古軍営に入ります。ずっと奥まで進んでいくと右手の方に食料庫、左手の方に火薬庫があります。テントの中に入るとそれぞれ夜梟と配下、武炎と配下とのイベント戦があります。食料庫の方を先にしておかないと、火薬庫の方にはいきなりは入れないようでした。
  5. 相変わらずヒントはありませんが、郭襄のためのプレゼント企画だったので襄陽に行き、街路を歩いていると幇主選びの場面に遭遇するイベントがあります。耶律斉が推挙されたところで、何師我という物乞いがクレームを付けて、ここで何師我との戦闘があります。その後のイベントで黄薬師が登場し、楊過と二人になり、楊過は黄薬師から南海神尼のことを聞き出そうと武芸の話題を出して戦闘があり、その後南海神尼のことを尋ねて黄薬師が何も知らないことから、南海神尼のことは黄蓉が作った話だったのだと悟ります。

鉄槍廟~絶情谷

  1. イベントで楊過が父が亡くなった鉄槍廟のことを思い出します。その後郭襄とチョモランマと名乗る男、そして西山一窟鬼のイベントがあり、郭襄が金輪法王に連れ去られるのを見ます。
  2. 郭襄の件はこの段階ではどうにもならないと思われますから、常徳から嘉興に行き、江南地方の北にある鉄槍廟(シンボルがあり、この段階では接近すると地名が表示されるようになります)に入ります。
  3. 地域マップは狭く、すぐに父親の墓に行きつくでしょう。ここで三人組の男と柯鎮悪が現れ、楊過は父についての真相を知ることになります。
  4. さらに、郭襄が蒙古軍に連れ去られたという情報をも得ますから、蒙古軍営に行って探してみますが何もありません。しかしここはこれが正解だったようで、フィールドに抜けるとイベントがあります。ここでは、食料庫・火薬庫がある奥に至るまでの途中で左右につながる分岐の先のフビライ営、およびモンケ営が問題で、その双方にすすみ、入れるテントには入っておく(それぞれの営の手前にある小さなテントにも入っておかなくてはなりません。ところがこれが結構当たり判定が微妙で、やたら入りにくくなることもあります。)ことが必要となります。
  5. 主人公以外のグループによる百花谷のイベントで、蜂に誰かが書いた文字は「我は絶情谷にあり」であることが示されます。主人公を操作するようになったら、地図を参照して絶情谷に行きます。
  6. 絶情谷の坂道の上の方に出ますから下っていって、画面上の方から下の方に進めるところで、断腸崖の方に進むとイベント進行です。
  7. 手がかりもなく、小龍女の残した文字に奇跡を願って約束の日を過ごす楊過ですが奇跡は起こらず、小龍女は自分を生き延びさせるために再会の約束をしたが自殺をしてしまったのだろうと考えるに至ります。
  8. そこに郭襄が登場し、「三つのお願い」の権利行使をして楊過の身投げを止めようとします。これ以降の進行はここまでの選択肢等によって異なることになります。

進行その1

  1. 崖下に飛び降りようとする楊過を、郭襄は制止することができず、彼は崖下に身を投げます。それから、郭襄、金輪法王、百花谷から駆けつけた一行などのイベントがあります。一行が郭襄を救いだし、楊過を探すべく崖下に綱を下ろすことになります。
  2. 主人公を操作できるようになったら、まずは水の中に入らせます。次は家の見えるところに出ます。ここで操作できるようになったら家に入らせ、奥の部屋に行くとイベントがあります。イベントが起こらないようなら少し動かしてみるといいでしょう。
  3. 上の方では、金輪法王が再び郭襄を連れ去り、一行がこれを追います。プレイヤーはこのあとずっと楊過と小龍女を操作することになりますから、操作できるようになったら崖を登って絶情谷に出たら坂道の先からフィールドに戻ります(ザコ戦を1回ぐらいやっておくと、小龍女のスキルなどが増えるかと思います)。
  4. 襄陽に行き、市中に入るとイベントとなり、郭襄を人質にした金輪法王がいる塔を登ることになります。ザコ戦の発生は結構多いです。小龍女の蜂召喚は非常に強いので、内力回復のアイテムを持っておいてこれを多用すると決着が早いです。上まで行くと金輪法王とのイベント戦です。一度倒すとよりたくましくなって復活し、連戦をしなくてはなりません。二度目は対峙で「防」しかできないことが多くていらつきますが、落ち着いてやれば倒されるほどのこともないと思います。
  5. その後はどこかのフィールドに舞台が移り、モンゴル皇帝モンケ(と思われます)を追います。単純なマップなのでどんどん進んでいくとモンケ戦です。かなり攻撃力が大きいですし、金輪法王以上に連戦をさせられますし、対峙にも悩まされますが行動できる機会をとらえてちゃんと回復さえしてやれば時間はかかりますが勝てるでしょう。
  6. 一行と出会って英雄談義の、なかなか味のあるイベントがエンディングイベントとなります。

進行その2

  1. 本当は自害したのだろうと考えた彼の注意を、かけつけた郭襄がひきつけたところに、金輪法王が現れます。金輪法王とのイベント戦となり、一度倒すとよりたくましくなって復活し、連戦をしなくてはなりません。二度目は対峙で「防」しかできないことが多くていらつきますが、落ち着いてやれば倒されるほどのこともないと思います。
  2. 百花谷から駆けつけた一行から蜂のメッセージの件を聞き、谷底を調べるが小龍女につながる手がかりを得られずに戻る(進行その1で黄蓉が水に潜って調べるところを、楊過が調べる)という展開になります。
  3. 襄陽に行き、市中に入るとイベントとなり、その後はどこかのフィールドに舞台が移り、モンゴル皇帝モンケ(と思われます)を追います。単純なマップなのでどんどん進んでいくとモンケ戦です。進行その1は二人で対戦するところが一人になりますし、同じように進めていた場合には若干力不足になりがちですから、戦闘はかなり厄介なものになります。対峙で一方的にやられるのが相次ぐというのは痛すぎます。途中の展開で鉱石などを使ってできるだけパラメーターを上げておかないと2ラウンド目を切り抜けるのも困難なように思われました。

    追記:2007年4月、掲示板で改之さんから情報を頂きました。
    ・四大聖獣を攻略した際に手に入れた防具を装備し、防御力を最大にした状態とする。
    ・反撃の機会を得たらすかさず絶学の中から「防御」の「仏光普照」を選択(ダメージを大きく抑制)
    ・相手の攻撃を余裕をもって受け続けて反撃の機会を捉えたら今度は「神龍再現」を使う
    ・相手の攻撃もランダムなのか、一回も反撃の機会なく終わることもままあるので、直前のセーブは大切に
    これ以外では無理ではないかというご意見でした。実のところ私がどうやったか覚えていないものですが、防御は固めまくったと思うので、多分「仏光普照」を使っていたと思います。

進行その3

  1. 本当は自害したのだろうと考えた彼の注意を、かけつけた郭襄がひきつけたところに、金輪法王が現れます。金輪法王とのイベント戦となり、一度倒すとよりたくましくなって復活し、連戦をしなくてはなりません。二度目は対峙で「防」しかできないことが多くていらつきますが、落ち着いてやれば倒されるほどのこともないと思います。
  2. 百花谷から駆けつけた一行から蜂のメッセージの件を聞き、谷底を調べるが小龍女につながる手がかりを得られずに戻る(進行その1で黄蓉が水に潜って調べるところを、楊過が調べる)という展開になります。
  3. 襄陽に行き、市中に入るとイベントがあり、どこかのフィールドで一行が宋のために参戦しようとするとき、楊過はやる気をなくして一行と別れてしまい、その後については、もの悲しい成り行きが語られることになります。

終盤進行~エンディングの分岐について
進行1から3のいずれになるかについては、途中の選択肢等(選択肢のみかもしれません)によって決まります。十分に分岐条件を確認できたわけでもないのですが、確認できた分について書いておきます。

次の選択肢について、選択を変更した場合の進行とエンディングです。
(1) 東海漁村で海賊騒動の後、柯鎮悪とのイベントで父のことを尋ねる(彼と同行する)か、小龍女捜しを優先する(同行しない)か。
(2) 楚青柳の母の依頼で洛陽のモンゴル兵隊長の家に行った際、彼女の父親を懲らしめるか、ほっておくか。
(3) 上記のイベントに次いで、兵隊長を殺すか、川にほりこんでこらしめるか。
(4) その後の旅館のイベントで、楚青柳からの二番目の妻にという申し出を強く断るか、ほとぼりが冷めてから断るか。
(5) その他必須でないイベント、クェストなどをできるだけやる(情感値が上昇)か、やらない(情感値抑制)か
 
 

四大聖獣以外の召喚

  • 神雕と雪人参はストーリー展開に沿って、必須のイベント戦闘を制すれば、使えるようになります。
  • 玉蜂は終盤に至って、楊過が小龍女と再会できた場合に彼女が使える絶学で召喚できるようになります。
  • 大海蛟については、詳細ヒントページ(1)の不帰海にあるように、所定の海図パーツを集めてから東海漁村より不帰海に出てこれを抜け、大海蛟と再戦して勝った場合に、以降召喚できるようになります。

四大聖獣
 原則として、必要アイテムを持って所定の場所に行くと、聖獣が出現して戦闘となり、その戦闘に勝つと聖獣を召喚できるようになる他、聖獣にちなんだ装備品の入手もあります。必要アイテムについては、聖獣にちなんだ楽器と楽譜の組み合わせとなるようでして、所定の場所というのは各地のどこかにある、地面にシンボルが描かれた地点がそれとなります。(見分けにくい所もあるのですが…)

必要アイテムとその入手
 名称や説明と、聖獣の関係が推測できるものが多いですが、その関係については十分確認しきれてはいません。

  • 水龍吟 東海漁村で、波にうちかつ訓練を繰り返し実行して成功した場合に入手。
  • 亀鳴涙 東海漁村で大海蛟による不漁問題と海賊騒ぎを解決した後、海図のパーツを集めてから東海漁村の集落にいる王豊に話しかけて不帰海に行き、海図のルートに従って抜けた後登場する大海蛟を倒す(詳細は詳細ヒント1のページにある「不帰海」の項)。海図を入手できない場合にはこれを入手することもできない。
  • 覇王卸甲 華南地方の西には滝が二つあり、その南側の滝の付近にある水辺の「く」の字型になったあたりで入手。
  • 百鳥引 嘉興からフィールドに出て北の方に進み、水辺に出ると北側に島があるので、東の方の斜めに水中につながるあたりから水の中に入り、島に上陸して中程で入手。
  • 鳳啼血 臨安北西にある岩(並んでいるうちの北にあるもの)のあたりで入手。
  • 鼓譜 臨安で陳大方の家に行く方の脇道沿いにある民家(入り口がちょっと入り口っぽく見えずに見落としやすいかも?)に入ると、最初の部屋前景→最初の部屋の奥→次の部屋という構成になっており、奥の部屋にいる青年は父親の鼓について言及する。ここで最初の部屋の奥のマップで、壁にかかっている掛け軸のあたりにカーソルを持って行って入手する。
  • 虎嘯魂 華中の西の方、華山の南側にある樹木付近で入手。
  • 鍼譜(ちょっと字が違うかと思いますが) 風陵の渡しの集落部分で酒場に入り、手前の方に立っている商人に話しかけると、荷物の運搬を依頼される(情感値か、どこかの選択肢により依頼が発生しない場合がある)ので、常徳の街路をうろうろしている商人(見かけは渡し場の酒場にいた商人と同様)に話しかけて荷物を渡すと入手できる。

出現場所等
 所定の場所に行っても、必要アイテムを持っていないと何もない、ということになります。

  • 玄武 五台山の山中に入ってすぐの分岐を画面左の方に進み、崖沿いの道をどんどん行って観音像がある平地に出ます。観音像の手前の地面にシンボルが描かれており、ここに進むと玄武が出現します。
  • 朱雀 烏鴉山の洞窟に右側の入り口から入り、一段低いところに階段を使って降りることができ、低いところで宝箱と別方向に進むと入り口があります。この入り口からから熔岩の洞窟に出て陸地部分で低いところにおりると、所定の段階であれば熔岩部分に飛び降りるかどうかの選択があり、飛び降りると熔岩の部分を画面右の方に進んで別の陸地に行くことができます。なお、所定の段階については初めて烏鴉山に来て洞窟に入った段階では、そこに行っても飛び降りるかどうかの選択は出ず、その後洛陽から少林寺に行き、少林寺の問題を解決した後であれば、選択が出ることになりました。初回訪問時がイベントマップ扱いになっているせいか、それとも熔岩を渡るためには少林寺の対戦で勝利して得られる秘笈「寒氷神掌」を持っていることが条件というような設定になっているのか、というあたりだと思われます。
    ここは床のシンボルも明確ではなく、陸地部分を歩き回って先端部に行くと、朱雀が現れます。また、元来た道を戻ることはできない(飛び降りた所を登ることはできない)のですが、朱雀と戦った所から高い方に行き、次のエリアの通路を進んで行くと通路の端でまた飛び降りるかどうかの選択があり、飛び降りると元の所に戻ることになります。
  • 白虎 絶情谷に入り、家のあるあたりから画面右の方に進んでいきます。地面にシンボルのある所で白虎が登場します。
  • 青龍 蔽日林の分岐の一つで木の枝から地面に移ると滝の裏側を通って先に進める所に出ます。進んでいくと、地面にシンボルがあり、そこに青龍が出現します。

 
 
 
攻略2
 

■海図の在処

   不帰海の出航に必要な海図は3つある。海図を持っていなくとも不帰海に出ることは出来るが、南海孤島へ辿り着けない上に、それ以後段二爺に話し掛けても海図3が手に入らなくなる。不帰海へ出る前に必ず海図を手に入れておくよう注意が必要。

(海図1)
東海漁村の民家(画面右端の赤丸印)
(海図2)東海漁村を出てまっすぐ南に行ったところにある岩の近辺
(海図3)嘉興の段二爺に話しかける

■エンディングの分岐方法

   台湾等の攻略サイトの受け売りなので検証はしていないが、以下の条件で分岐するらしい。

(1)東海漁村で柯鎮悪に出会った後の選択肢で、小龍女を探す方を選択。
(2)常徳で紀文馨に張一氓の動向を調べる手伝いを依頼された際、彼女を助けて真相を突き止める。
(3)楚婦人のイベントで楚婦人の夫を懲らしめる方を選択。
(4)楚婦人のイベントで兵隊長を川に投げ込む方を選択。
(5)楚婦人のイベントで楚青柳の好意をはっきり拒絶する方を選択。

上記の内4個以上を達成していればグッドエンド、1個ならバッドエンド、それ以外はグッドとバッドの中間。

■四霊獣

   ゲーム内で特定のアイテムを集めて特定の場所へ行くと、其々”青龍”、”百虎”、”朱雀”、”玄武”という4頭の霊獣が現れ、それらと戦って打ち負かすことにより、主人公の召還獣として利用できるようになる。霊獣を出現させるのに必要なアイテムと霊獣の出現する場所は以下の通り。必要なアイテムを持たずに出現場所へ行っても何も起こらない。

・青龍
    出現場所:蔽日林
    アイテム:
         (1)水龍吟(東海漁村のミニゲームに再挑戦)
         (2)霸王卸甲(烏鴉山の西にある滝の周辺→


・百虎
    出現場所:絶情谷
    アイテム:
         (1)鈸譜(風陵渡の宿屋の商人から荷運びを請け負い、常徳の同じ商人に荷物を渡す)
         (2)虎嘯魂(華山の南にある大木の周辺)

・朱雀
    出現場所:烏鴉山(右ダンジョンの溶岩の部屋の奥→

    アイテム:
         (1)百鳥引(嘉興の北にある中州。歩いて渡れる→

         (2鳳啼血(臨安の北西にある岩の周囲→

         (3)寒冰神掌(少林寺で九死生を倒す)

・玄武
    出現場所:五台山
    アイテム:
         (1)鼓譜(臨安の陳大方府周辺の民家の中→

         (2)亀鳴涙(不帰海のミニゲームを通過した後出現する怪物を倒す)

 

聖剣伝説2、マナの剣の作り方

有名だけどバグりやすいこの裏技、今更SFCのゲームだけども成功した直後なので、ここに記録。
 
①まず、フラミーでクリスタルパレスすぐ隣の小島に降りる、するとニキータの目の前に着陸。
②風の太鼓を使ってもう一度フラミーに乗って、最高点まで昇って急降下(さっきの小島とは違うマップだけど、ニキータの所に降りれる)。
③ニキータでセーブし、ソフトリセット(スタート+セレクト+L+R同時押し)。
④"ニューゲーム"で最初のボス、マンティスアントまで進めて、戦闘開始(ジェマの会話終了)したらまたソフトリセット。
⑤ニキータ前でセーブしたデータをロードするとポトス村のマンティスアント戦(3人&セーブした時の能力なので楽勝)に繋がる。そのままマンティスアントを倒し剣パワー入手。
⑥他の武器とは桁違いの強さの「マナの剣」が完成。

東方遊夜雀

最近毎日2時間は費やしている携帯ゲーム。
弾幕シューティングが好きな人にはイチオシ!
完成度が高く、BGMもスーパーファミコンくらいのレベルで凝ってると思う。
 
http://rabbits.iobb.net/ciena/i/
にアクセスして、"東方遊夜雀"ってのをダウンロードすればできるので。
 
そろそろ初のESを書かねば。。。

IDOLM@STER

☆The Idolm@ster
  ♪全員
  ♪雪歩・律子・春香(long)
①♪雪歩・美希・やよい
  ♪美希
 
☆Relations
  ♪美希・千早(long&踊り)
⑦♪美希・千早(long&歌詞)
  ♪W美希(long)
  
☆Go My Way
⑭♪全員(long)
  ♪春香・美希・千早
 
☆蒼い鳥
  ♪千早(long)
  ♪美希・千早・あずさ
⑲♪美希・千早
  ♪美希
  ♪千早
 
☆Here We Go
⑧♪春香・伊織・やよい(long)
  ♪雪歩・美希・あずさ
  ♪美希・伊織  
 
☆魔法をかけて
⑩♪伊織・やよい・亜美
  ♪美希・伊織・やよい
  ♪小鳥
 
☆私はアイドル
⑪♪春香・美希・千早(long)
  ♪伊織・やよい・亜美
 
☆First Stage
⑫♪雪歩・美希・あずさ
 
☆ポジティブ
⑬♪亜美&真美(long)
  ♪雪歩・美希・千早
 
☆太陽のジェラシー
  ♪雪歩・美希・あずさ
  
☆My Best Friend
  ♪雪歩・美希・千早
 
☆思い出をありがとう
  ♪雪歩・美希・真
 
☆神様のBirthday
  ♪春香・美希・千早(long)
 
☆まっすぐ
  ♪全員
  ♪雪歩・美希・千早
 
☆エージェント夜を往く
  ♪雪歩・美樹・亜美
 
☆おはよう!!朝ご飯
  ♪雪歩・やよい・亜美
 
☆9:02pm
  ♪春香・雪歩・やよい
 
★The Idolm@ster ~ Relations ~ Go my way
②♪春香・美希・千早

 
★The Idolm@ster ~ Relations
  ♪春香・美希・千早
 
★全曲のデモ演奏
  ♪全員
 
--------------------------------------
 
○I Want
  ♪天海春香(long)
 
○Kosmos,Cosmos
  ♪萩原雪歩(long)
 
○ふるふるフーチャー☆
  ♪星井美希
 
○目が逢う瞬間
  ♪如月千早
 
○フタリの記憶
  ♪水瀬伊織
 
○キラメキラリ
  ♪高槻やよい(long)
 
○隣に…
  ♪三浦あずさ(long)
 
○スタ→トスタ→
  ♪双海亜美/真美(long)
 
○迷走Mind
  ♪菊池真

○いっぱいいっぱい
  ♪秋月律子
 
○空
  ♪音無小鳥
 
●上の11曲フルコース
③♪全員+音無小鳥 
 
● i
⑤♪春香・雪歩・美希・千早・伊織・やよい・あずさ・亜美・真・律子
  ♪春香・美希・千早・伊織・やよい・あずさ・亜美・真
  ♪美希・真

●すいみん不足
④♪美希(long)
  ♪美希
 
●団結
  ♪全員
 
 
-------------------------------------- 
 
ストーリーの最終話
⑥・ 美希(ラスト直前) / 美希

--------------------------------------

MAD
⑰・ 暁の車(美希回想)
  ・ いいじゃない(スライドショー)
⑨・ 乙女はDO MY BESTでしょ?
⑯・ LoveLoveLoveのせいなのよ!
  ・ チチをもげ
  ・ 永遠の空
  ・ めぃぷるシロップ
⑳・ ないしゃおだくーにゃん
⑮・ True My Heart
  ・ CAT'S EYE
  ・ 思いたったが吉日
  ・ じゃじゃ馬にさせないで
  ・ あい☆ます
  ・ ゴー☆ホーム!
  ・ ファミコン版?
  ・ アニメOP
  ・ アニメOP2
  ・ shining stars bless
  ・ ひとひらの桜
  ・ エレクトロワールド
  ・ ワンダーモモーイ
  ・ セーラー服を脱がさないで
  ・ わぴこ元気予報!
  ・ 奇跡の海
  ・ 弱肉強食てゅらりるら
  ・ ぼく、パヤたん
  ・ 願い・明日・夢
  ・ STAR RISE
  ・ LOVE☆トロピカーナ ファイナル
  ・ 恋はくえすちょん
  ・ 猫舌こころも恋のうち
  ・ Magical Hackerくるくるリスク
  ・ 変わらないもの
  ・ 阿修羅姫
  ・ Fantasy on the Lips
  ・ ヒカリ
  ・ Lucky Love
  ・ Twinkle snow Powdery snow
  ・ ラヴスレイブ
  ・ Darling you make me smile
  ・ You're Only My Shinin' Sstar
  ・ きみはホエホエむすめ
  ・ フェルミ☆パラドックス
  ・ Figu@carnival Trailer of TGS2007
  ・ Only Love

--------------------------------------

おまけ
  ・ メドレー(ニコニコ動画)
  ・ メドレー2(ニコニコ動画)
  ・ メドレーFINAL(ニコニコ動画)
♬雪歩
  ・ 津軽海峡冬景色
  ・ 好きになって、よかった(short)
  ・ Snow Scape
  ・ モエるまりんバトる
  ・ 鏡の空

♬美希
  ・ 涙のハリケーン
 
♬千早
  ・ 空へ
  ・ 月下祭
 
♬あずさ
  ・ silver ling
 
♬小鳥
  ・ やさしさに包まれたなら
  

田舎好きの輩たち

clock

  • clock

広告

無料ブログはココログ