カテゴリー「おすすめスポット」の4件の記事

ワールドポータズに本屋ができました~未来屋書店~

先日、似顔絵作家さんを求めてみなとみらいのワールドポーターズに行ったとき、なにやら心の琴線をくすぐる光景が左目の端に入りました。
それがこちら↓
Photo
ドーン!!

即、飛び込みました。

何が未来なのかはよく分からないけれど、読書コーナーもあり、売り物の本をゆっくり読めるスペースと独特な配列の仕方が魅力的な本屋でした。
忙しくなければ3時間は座っていたいところでしたね。

2
世界文化遺産にはまる私をくすぐる書籍の数々。
衝動買いはしない質なので、2回目行ってもほしかったら買おうかなと。
 
今まで本屋がなかったワーポーの2Fにこちらのお店がありますので、是非ぜひお立ち寄りあれ~。

文京区の「尚武堂」~品揃えの良い武防具屋~

Photo
googlemapより

 

文京区を車で走っている時に見つけた武防具屋。
何がすごいって武具の種類が非常に揃っている。
特に居合、古武道の道具が多いのが特徴です。
店員さんの愛想の無さはどこの店も共通でした。

ⅰ)木刀
白樫、赤樫は当然ながら、各古武道流派の木刀を取り揃えているのに驚きました。
柳生新陰流、香取神道流、示現流、天然理心流など、名の聞こえた古武道の刀を取り揃えてありました。
他にも訓練用の鉄棒や太い棍棒など、魅惑の品の数々がshine 

ⅱ)模擬刀・真剣
模擬刀がいくつも立掛けてあり、触ることもできました。
またガラスケースの中には真剣が置かれており、お値段も知ることができました。

ⅲ)竹刀袋・木刀袋・真剣袋
こちらの種類も非常に豊富。
鍵付の真剣袋(こう呼ぶのか不明)もいくつか置いてありました。

ⅳ)防具
剣道未経験なのでこちらはよく分かりませんが、他店と比べて袴や防具の種類は多かったです。

弓は置いてありませんでしたが、上野方面の武防具店で見かけたことがあります。
兎にも角にも、ちょっと品が揃った武防具店をお探しの方、こちらの尚武堂に立ち寄ってはいかがでしょうか。

尚武堂産業ホームページ
住所:東京都文京区本郷1-4-6
電話:
03-3815-0411
営業時間:AM11:00-PM7:00

書道の専門店「三多軒」を見つけた

人生で初めて見つけた書道の専門店。
その名は三多軒(さんたけん)。
毛筆や硯を始め、篆書や楷書の資料に半紙にと、こんなに沢山の種類を扱っているのを見たことがない、異空間がそこにはありましたpen
店員さんに硯の違いを教えてもらい、墨にも色んな違いがあるということ、古墨は質が高いということなど、初耳のことばかり。
書の道に興味をもったことはありませんでしたが、年賀状で毛筆の美しい字に見とれたことがあるので、ちょっと習いたいなと思ってみたり。
書道教室もあるようなので、真面目に考えてみよう。
時間が取れなくても、ユーキャンのペン習字をやろうかな、
眼福にあずかる、有意義な時間でしたsun
Photo

その後は文京区をぶらぶら。
この町は東京23区の中で、学業・教育分野に力が入っているそうな。
竹早小学校だったか、現役東大生が授業をしにきたり、校庭が全面芝生だったりと、ちょっぴり異空間な街が多いですbook
小石川では桜まつりと題した綺麗な歩道がありました。
地名は播磨坂というようです。
小石川植物園の近くなので、また散歩がてら寄ろうかなcherryblossom
2

ボクシング専門店 アメリカ屋 @伊勢佐木町

行きつけの飲食店によく来る元プロボクサーに教えてもらったボクシング用品が多数取り揃えられたお店、その名もアメリカ屋。
多くのプロボクサーが通い、お世話になっているらしいそのお店に縄跳びを買いに行こうと、先日訪ねてみました。

2
噂に違わぬ商品の陳列っぷりにはちょっと面喰らいました。
これだけ在庫を抱えても売りさばけるということは、かなりの人気店なのかも。
早速中に入ってみます。
 
Photo
パンチンググローブや試合用グローブなど、多数が取り揃えられ、ミットも各種置かれていました。
サンドバッグもあるようですが、聞き忘れたのでまた今度見に来ようかなと。
 
3
ボクサーだけでなく、極真空手の選手なども訪ねてくるとのことです。
ミットの種類などを店主に尋ねると、とても丁寧に教えてくれました。
夫婦で経営されているようで、お二人とも親切な方々でした。
 
ホームページはこちらです。
住所:横浜市中区伊勢佐木町6-136
京浜急行でも行けますが、横浜市営地下鉄の方が近く、商店街が魅力的です。
伊勢佐木町自体あまり来ないので、とても不思議な専門店が多々ありました。
そちらについてはまた後日記事にしようかなと。

田舎好きの輩たち

clock

  • clock

広告

無料ブログはココログ